常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:熱愛



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/02(日) 09:52:55.33 ID:CAP_USER9.net

    アイドルグループ・HKT48の指原莉乃(25歳)が、9月1日に放送されたバラエティ番組「有吉反省会」(日本テレビ系)に出演。野球選手と付き合いたい、と語る一幕があった。

    この日、“反省パトロール”として、昨年のパ・リーグ新人王にも輝いた西武ライオンズ・源田壮亮が、まさかのアクシデントでファンを心配させてしまった事件が取り上げられる。

    5月26日に行われた首位争いという大事な一戦で、源田のユニホームに虫が入り込んでしまうアクシデントが発生。
    すると大の虫嫌いである源田はプチパニック状態となり、試合は中断。チームメートが虫取りする羽目になったという。

    この事件のVTRを見ていた指原は「あの、虫の中断、あれ何かほっこりかわいい。かわいいですね」と気に入った様子。
    MCの有吉弘行が「指原さん、野球選手はどう?」と話を向けられると、
    指原は真顔で「私は付き合いたいですよ!こっちはね。こっちは付き合いたいですよ」と熱く語った。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15245854/
    2018年9月2日 9時25分 ナリナリドットコム


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 www.sanspo.com)

    AKBグループ辞めてからな
    【あのスーパーアイドルがプロ野球選手斬り宣言?】の続きを読む



    (出典 rpr.c.yimg.jp)



    1 けろよん ★ :2018/07/29(日) 16:13:07.49 ID:CAP_USER9.net

    ZOZOTOWNを運営する前澤友作氏のプロ野球参入希望の表明を機に、エクスパンション(球団数拡張)議論がNPB機構外で盛り上がっている。現行の12球団から16球団への移行を望む声が強い一方、懸念を示す専門家もいる。

    権藤博氏が指摘 ZOZOで話題「球団拡張問題」に先立つ不安

    氏は、エクスパンションによりプロ野球のレベルが低下することを懸念しているようだ。これは短期的には全くその通りなのだけれど、その背後には業界関係者特有の心理的警戒感もあるのではないか。

    権藤氏は、4球団増で支配下選手が計280人増えることにより、ファンが許容できるレベルに満たない選手が多数誕生してしまうとしている。これは事実だ。少なくとも瞬間的にはレベルは低下する。

    しかし、選手の需給バランスが「需要>供給」となれば選手にとってチャンスが広がるので、従来以上にプロ野球を志す若者が増えることが予想される。少々楽観的に述べるなら、中長期的にはアマチュア球界も含めて裾野が広がる効果が期待できるのではないか。

    また、球団側はスカウティング網を海外も含め広げるようになるだろうし、海外の有望選手もより好条件を求めてNPBを目指すようになるだろう。そうなると、現状の外国人選手登録枠の在り方や、いわゆる「田澤ルール」の是非に関しても活発な議論が起こるのではないか。少なくともぼくは、「日本人のプレー」ではなく「一流選手のプレー」が観たいので、そうなることは大歓迎だ。

    1960年までは16球団だったMLBは、現在30球団で近い将来32球団に移行することが確実視されている。しかし、球団数増により「メジャーのレベルが下がった」と頓珍漢なことを言っているのは張本勲氏くらいだ。

    球団数増(だけではないが)は、選手の供給ソースをアメリカ国内から中南米へ、日本をはじめとするアジアへ、そしてそれ以外へと広げる必然性をもたらした。

    世界のトップアスリートが目指すMLBは、より多くのファンの支持を得てビジネスとして拡大した。その結果(それだけではないが)、選手のサラリーもグングン上昇し、より多くの才能あふれる若者がMLBを目指す、というサイクルとなった。

    その点、権藤氏の説は球団数のみが増え他の要素は変わらない(変えようとしない)前提に立っている。また、多くの良識派がエクスパンションを望むのは、それ自体が欲しいわけではなく、それがもたらす球界の閉そく感打開であり、将来的な発展だということを認識しているかどうかは疑問だ。その意味では、長期的視点が欠けていると思う。

    ぼくは権藤氏に関しては、選手・指導者としてのフィールド上の功績以外は全く知らない。したがってあくまで「一般論としては」としておきたいが、どの業界でも内部に居る者、居た者は、大きな変化を望まないものだ。ご本人が自覚なさっていたかどうかは不明だが、その変化を望まぬ部分(生物学的にそういうものだ)が深層に潜んでいたと思う。

    金村義明氏が高校野球全国大会は「甲子園でなくては意味がない」と語ったのも同様だ。まず、現状維持が念頭にあるのだ。ぼくは、真剣に球児や観客の健康管理を考えるなら、現在の甲子園的様式が象徴する美学そのものを否定することが必要だと思う。改革を論じる時は、こういう抵抗感とも戦わねばならぬものだ。

    豊浦彰太郎 | Baseball Writer
    7/28(土) 18:02
    https://news.yahoo.co.jp/byline/toyorashotaro/20180728-00091042/

    前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1532826306/

    何でも持ってるな

    【ZOZOTOWNが球界参戦すれば16球団化が決定的か】の続きを読む



    1 ホイミン ★ :2018/07/18(水) 21:15:00.00 ID:CAP_USER9.net

    タレントの東野幸治が7月15日放送の『マルコポロリ!』(関西テレビ)に出演した際、ベッキーの新しい恋人として報道されたプロ野球の読売ジャイアンツの片岡治大2軍守備走塁コーチについて「球界一のイケメンでございます」と話した。
    芸能リポーター井上公造氏から、かつて複数の有名女子アナウンサーとの交際報道があったことなどをフォローされ、「野球選手は20代半ばまでに結婚する選手が多いのに1回もバツ(離婚歴)が付いてない」という点を指摘されると、
    東野は思わず「これはほんまの女好き。結婚してないから法律にも違反してないし。ほんっまに。ただただ、いい女を抱きたいという」と、ベッキーが聞いたら泣いてしまいそうな“暴言”を吐いた。

    https://myjitsu.jp/wp-content/uploads/2017/11/be*y.jpg
    https://myjitsu.jp/archives/57075


    【ベッキーと片岡コーチの熱愛報道にあの毒舌芸人が爆弾発言】の続きを読む



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/07/04(水) 16:12:43.91 ID:CAP_USER9.net

    ベッキー熱愛も母が語る本音「親としてはまだちょっと心配」
    2018/07/04 16:00 女性自身
    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1645486/
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180704-00010009-jisin-ent

    https://img.jisin.jp/uploads/2018/07/be*y_1_line_tw.jpg

    巨人の片岡治大2軍コーチ(35)との真剣交際が報じられた、ベッキー(34)。知人を介して出会った2人は、5月から交際をスタートさせたばかりだという。
    ベッキーといえば、16年1月、「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(29)との不倫が『週刊文春』に報じられた。あれから2年半、ようやく理想の新恋人に出会えたのだろうか――。

    本誌はさっそくベッキーの実母・智佳子さんの元を訪れた。交際報道から2日、朝7時過ぎに都内の自宅からゴミ出しに出てきた智佳子さん。
    以前にも取材した記者が「おめでとうございます」と声をかけると、快く取材に応えてくれた。

    ――片岡さんとはもう会われたんですか?

    「はい!とっても優しい、素敵な方ですよ。それに彼はハンサムです*(笑)」

    ――お互い“動物好き”で意気投合したとか?

    「そうですね。彼もペットを飼っていらっしゃるそうですから」

    娘がようやく掴んだ幸せによろこびが溢れ出る様子が伝わってきた。とはいえ、まだまだ心配も尽きないようで――。

    ――以前は、本当にいろいろたいへんでしたね。

    「ええ、そうでしたねぇ……」

    ――でも、今回はみなさんから祝福されて。

    「はい、本当にありがたいことです。でも(交際は)始まったばかりですから。親としてはまだちょっと心配なんですよ。本人が書いているように、“ゆっくりしっかり”2人の仲を温めていってほしいです」

    破顔の裏に、娘を愛するがゆえの母心が見え隠れしていた――。


    【ベッキーの母が巨人片岡コーチとの熱愛報道に本音激白】の続きを読む



    1 ひかり ★ :2018/06/26(火) 13:07:59.96 ID:CAP_USER9.net

     タレントのベッキー(34)と巨人・片岡治大(はるゆき)2軍内野守備走塁コーチ(35)が真剣交際していることが26日、分かった。
    この日、一部で2人の熱愛が報じられ、片岡コーチのマネジメントを担当する吉本興業は交際を認めた。

     片岡コーチをマネジメントする吉本興業は「交際は事実です。温かく見守ってあげてください」とした。2人は今年に入って共通の知人の紹介で
    知り合い、最近になって交際を始めたという。

     ベッキーは16年1月、ゲスの極み乙女。の川谷絵音(29)との不倫騒動の末に破局。騒動を受け、一時休業していたが、同年5月に復帰した。

     片岡コーチは千葉県出身で04年秋のドラフトで3位指名され西武に入団。07年から4年連続で盗塁王に輝き、08年にはベストナインを受賞した。
    14年にFAで巨人移籍。昨季限りで引退し、今季から巨人の2軍内野守備走塁コーチとして、後進の指導に当たっている。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180626-00000061-dal-base


    【巨人軍現役コーチとあのベッキーが熱愛発覚 巨人にとってはマイナスか】の続きを読む

    このページのトップヘ