常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:甲子園



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/22(月) 17:19:57.66 ID:CAP_USER9.net

    【ドラフト1位候補大解剖】

    打席に立てば同世代の女子から黄色い大声援が送られ、圧倒的なスピードとパワー、華のある端正なルックスで視線を独り占めする。

    今年のドラフトでナンバーワン外野手と目される、大阪桐蔭・藤原恭大(3年)だ。

    野球との出会いは小学1年。
    大阪府豊中市内で焼き鳥店を経営する父の史成さん(43)が監督を務める軟式野球チーム「園和北フレンズ」で、白球を追い始めた。
    最初は父の厳しい指導に音を上げていたが、やがて才能を発揮し、6年時にはオリックスのジュニアチームに選抜された。

    同じタイミングで野球を始めた2歳上の兄、海成さん(20)はPL学園硬式野球部で最後の部員の1人。
    PLが部員募集を停止する前は、兄と同じユニホームを着る夢を見たこともあった。

    幼い頃から俊足だった藤原には数々の“伝説”がある。
    中学の運動会のリレーでアンカーだった藤原は最下位からごぼう抜きでトップに立ち、学校のスポーツテストでは50メートル走で陸上部員を上回った。

    好きな野球選手はソフトバンク・柳田悠岐外野手(30)だが、「野球選手じゃなかったら、短距離走の選手になりたかった」。
    憧れのアスリートに100、200メートル走の世界記録保持者、ウサイン・ボルト(ジャマイカ)を挙げる。

    「スピードにも、パワーにも自信があります。
    プロでの目標はトリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁)」と豪語する通り、50メートル走5秒7の快足に加え、握力は右手が90キロ、左手が85キロ。
    力自慢ぞろいの大阪桐蔭野球部内でも腕相撲では負けなしだ。

    昨年のU-18W杯(カナダ)の日本代表には、枚方ボーイズでチームメートだった報徳学園・小園海斗内野手と2年生で2人だけ選出された。

    今年9月のU-18アジア選手権(宮崎)に出場した高校日本代表のチームメートで、自身もドラフト上位候補右腕の浦和学院高・渡辺勇太朗投手(3年)は、
    今夏の甲子園準々決勝で大阪桐蔭と対戦し、内角に狙い通りに投げた143キロ直球を右翼席に運ばれ
    「あのコースをスタンドまで持っていかれたことはなかった。これまで対戦した打者で1番。怪物です」と舌を巻いた。

    外野レギュラーの高年齢化が懸念される巨人、阪神、ヤクルトに絶対的なレギュラー不在のロッテも1位指名を検討中。
    高校生の外野手が“外れ1位”でなく、1回目の入札で1位指名されれば、2005年に大阪桐蔭の先輩の平田良介外野手(30)が中日に指名されて以来、13年ぶりの快挙だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181022-00000008-ykf-spo
    10/22(月) 16:56配信


    (出典 i.daily.jp)

    もっと高い評価を受けるべきだ
    【大阪桐蔭・藤原恭大外野手の身体能力の高さに驚愕!】の続きを読む



    1 pathos ★ :2018/10/21(日) 18:48:19.98 ID:CAP_USER9.net

    10/21(日) 18:15配信 産経新聞

     25日に開催されるプロ野球のドラフト会議で、今夏の全国高校野球選手権大会で準優勝した秋田・金足農高の吉田輝星投手(17)の行方が注目されている。魅力は150キロ超の直球。甲子園でも多くの空振りを奪ってきたが、吉田の直球はプロ野球の投手よりも打者の手元でホップ(浮き上がる)するように見えることが、スポーツ科学による球質の分析で証明された。

     球質を分析したのは、ボールの回転について研究している国学院大の神事努准教授。秋田県の高校野球強化プロジェクトの一環で、吉田が高校2年時の昨年11月、直球の変化量を計測した。球速、リリースポイント、投げ出しの角度が同一で無回転、空気抵抗のないとき、重力通りに球が落下した地点を原点とし、縦のプラス変化を「ホップ成分」、横のプラス変化を「シュート成分」とした。

     神事准教授の分析によると、吉田の直球の縦の変化は53センチ。高校生平均32センチに比べてボール3個分上に到達していた。プロ野球平均の44センチ、米大リーグで活躍する日本人投手と比べても高い数値であることが分かる。また、吉田の横の変化は10センチで、高校生平均18センチよりも小さい。神事准教授は「腕を縦に振って投げているので、きれいなバックスピンがかかり、回転数も多くなっている」と分析する。

     回転数が多いほど揚力が生じ、球は重力で沈みづらくなる。打者が球を目で追えるのは約3メートル手前まで。その後は、経験則に基づいて球の軌道を予測し、バットを振る。予測以上に球が落ちなければバットは球の下を通過し、空振りが取れる。打者は球がホップする感覚を覚える。

     これが「球の伸び」の正体。8月17日の3回戦で吉田と対戦した横浜高の3番・斉藤大輝主将は「低めの球の伸びが予想を超えていた」と証言。同8日の1回戦で14奪三振を喫した鹿児島実高の宮下正一監督も「高めの直球に手を出すな、と言っても振ってしまう」と振り返った。

     ヤクルトなど複数の球団が吉田を1位候補として評価している。神事准教授は「(吉田は)まだまだ成長すると思う。ゴロで打ち取れる球種を覚えれば、プロ野球でも活躍できる」とみている
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-00000545-san-base

    【野球】松坂を育てた元横浜高校の小倉さん「金足農・吉田輝星は松坂より上 」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1539590853/

    【野球】西武だけ調査書未提出も吉田輝星一本釣り画策か あの松坂を取ったときも調査書を出さなかった
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1539964658/


    (出典 www.asahicom.jp)

    期待が高まるな
    【金足農・吉田の球はあの剛腕よりも優れている?】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/20(土) 09:15:23.11 ID:CAP_USER9.net

    西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏は、プロ入りを表明した金足農・吉田輝星投手の育成方法について、松坂大輔投手の例を挙げ、助言する。

    金足農の吉田輝星投手がプロ志望届を提出し、プロを目指すことを表明した。
    当初は八戸学院大への進学を真剣に考えていたが、甲子園、U18アジア選手権での代表メンバーとしての働きの中で、確固たる自信が芽生えたのだろう。

    本人、そして家族の決断なのだから、周囲がとやかく言うのはフェアではない。
    一つ言えるとすれば、絶対に自分を信じることだけは忘れず、プロの世界に飛び込んでもらいたい。

    吉田投手の伸びのある直球だけでなく、試合の大局を見極める目や、けん制時の走者との駆け引きのうまさは教えてすぐにできるものではない。
    野球センスという部分で目を見張るものがある。ただ、それと即戦力としての評価は別物だ。
    高卒選手はまっさらな目で見てあげなければいけないし、球団は育成面で絶対に背伸びだけはさせてはならない。

    私が西武監督時代の1998年のドラフトで松坂大輔(現中日)が入団してきた。私は開幕直前まで、彼に対して1軍を確約したことはない。
    1月の新人合同自主トレまでのオフの間、私から特別な指示を大輔にした覚えはないし、西武第二球場で初めて近くでキャッチボールをする姿を見たときも、私が見ていたのは球の勢いではない。
    体幹の強さ、そして長いシーズンで使った場合に、故障につながる可能性がどこにあるか、だった。彼の場合は、左足首と左膝の硬さが気になった。

    もちろん本人に言うわけではない。まず、彼の特徴をしっかりと把握した上で、変更点を提示すべきであり、それはコーチ陣にも指示した。
    2月の高知・春野キャンプで、ようやく一つだけ注文を出した。
    「スライダーはいつでも投げられる。とにかくカーブを投げろ」と。肘や肩を柔らかく使うためだった。ブルペンでいくらアピールしても意味はない。
    私が見極めていたのは「プロのキャンプにしっかり余力を残してついてこられるか」だけ。
    10日以上たっても、バテている感じはない。そこで私は初めて「高卒新人ではなく、プロの先発投手の一人として考えられる」と思うようになった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181018-00000064-sasahi-base
    10/20(土) 7:00配信


    (出典 contents.oricon.co.jp)

    松坂大輔レベルの評価?
    【金足農・吉田にアドバイス? 東尾修氏が「誘惑に注意するべし」】の続きを読む



    1 pathos ★ :2018/10/16(火) 20:06:54.65 ID:CAP_USER9.net

     チーム全体の顔ぶれと過去10年の指名状況から見ても、最優先したいのは長くレギュラーを務められるスケールの大きい野手。そうなると今年の候補で最も当てはまるのは藤原になるだろう。上位指名の北條、大山悠輔がいる内野手と比べて外野手は糸井嘉男、福留孝介の移籍組の大ベテランがまだまだ中心選手である。藤原は歴代の高校生外野手の中でも総合力ではナンバーワンと言える実力者。同じチームに根尾昂がいるため過小評価されがちだが、現時点の野手としての総合力は藤原のほうが間違いなく上である。抜群のスピードと低くて伸びるスローイングは既にプロの一軍レベル。バッティングも年々着実にレベルアップしており、長打力も申し分ない。2年目からレギュラーを狙える可能性は高い。
    https://dot.asahi.com/dot/2018101400009.html?page=2

    外野を見てみろ
    【頼むから阪神は大阪桐蔭の根尾ではなく藤原を獲得するべき!!】の続きを読む



    1 pathos ★ :2018/10/18(木) 08:13:19.13 ID:CAP_USER9.net

     日本ハムが都内でスカウト会議を行い、ドラフト1位候補を14人に絞り込んだ。投げては最速150キロ、打っては高校通算32本塁打を誇る大阪桐蔭の根尾昂内野手を最上位に挙げているとみられ、大渕隆スカウト部長は「(投打)どちらも評価しています。“根尾昂”を評価しています」と、投打二刀流で評価していることを明かした。

     栗山監督はドラフトについて「うちはスカウティングと育成だから物凄く重要」と力説した。具体名こそ挙げなかったが、大谷(現エンゼルス)を二刀流で育てた実績があり、8月には甲子園で根尾のバックスクリーン弾を生で見届けた縁もある。球団はその年のNo・1評価の選手を指名する方針で、金足農の吉田輝星投手ら、複数の候補の中からギリギリまで見極めて最終決定する。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00000065-spnannex-base

    日ハムが獲得したら面白いな
    【大谷翔平に続いての二刀流を計画? 日ハムが惚れ込むあの選手の未来はいかに…】の続きを読む

    このページのトップヘ