常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:県外



    1 しじみ ★ :2018/08/22(水) 15:18:48.74 ID:CAP_USER9.net

    夏の甲子園は、今回で第100回という大きな節目を迎えた。大会第3日第4試合では18年ぶりに出場した益田東が常葉大菊川に悔しい逆転負けを喫した。

     益田東は過去3度に続いて、またも勝って校歌を歌うという目標は達成できずに甲子園を去った。

    「常葉大菊川(静岡)といえば常連校。島根の公立校が良くがんばったじゃないか」なんて声も聞こえてきたが、益田東は私立校である。古くは倉吉北、今でも花巻東や上田西など公立っぽい校名の私立校は全国にある。新しいところでは今夏に奈良大付が初出場したが、これも「国立大付属」ではない。

     益田東に話を戻すと、地方大会のベンチ入りメンバー20人全員が県外出身者。17人が大阪で、残りが京都、兵庫、福岡。大庭敏文監督も大阪出身で、ベンチでは関西弁が飛び交い、島根県どころか中国地方出身者も見当たらない。

     古くからの甲子園ファンが忌み嫌う「外人部隊」。他県から越境入学した選手が多数派の学校のことを指す。

     記憶に新しいところでは大阪にある全国屈指の強豪ボーイズリーグの選手をほぼチームごと勧誘し、強化した秀岳館(熊本)。こうした学校や選手はなぜ批判にさらされるのか。何が問題なのか……。

    ■他県の強豪に進んだ選手の多くが……。

     腕にそれなりに覚えのある15歳で、他県の強豪から勧誘されたらどうするか? 筆者はそんな妄想をするが、答えはすぐに出る。「地元の高校で甲子園を目指す」。

     理由もある。へたれの自分では、親元を離れ厳しい寮生活を生き抜く自信がない。それもあるが、たくさんのプロ野球選手を取材してきた経験から、地元に進学した選手は引退後も「帰省すれば当時の仲間と集まる」と話すが、地方の強豪に進んだ選手の多くは卒業が、その街どころか仲間との縁の切れ目となっているからだ。

     恩師が退任でもすれば、母校が甲子園に出場しても差し入れをすることもないようだ。彼らにとって甲子園は途中の停車駅であって、最終目的地はプロである。だから「二度とあの時代にだけは戻りたくない」と口をそろえる厳しい3年間を耐えられる。

    ■プロを目指す「環境」を選ぶ選手と親。

     甲子園に出て大学に進み、ドラフト指名という未来予想図を実現するための「環境」を選ぶのが選手と親。有望な選手を集め、甲子園に出ることで知名度を上げたいのが学校。両者の間にはスカウトはもちろん、ブローカーまがいの人物が介在することもある。

     筆者は某有名校のスカウトを取材したことがあるが、学校の正規職員ではなく、安定した収入は得ていなかった。それでも有力選手がいると聞けば日参し、勧誘し、必要とあらば練習見学に連れて行く。

     しかし、その選手の才能が豊かであるほど、ライバルも多い。甘言を弄したり、その高校OBのプロ野球選手のグッズを手渡したり……。そこまでやっても入学の保証はない。そして、頭を下げてきてもらった特待生に限って、伸び悩んだり故障で思ったような活躍ができなかったりするのだ。

     そういうとき、家族や本人は例外なく「こんなはずじゃなかった。選んだ学校が間違いだった」と責任を転嫁する。これは実社会でもそうだと思うが、頭を下げられて入ってやった人材より、そこに入りたくてやってきた人材の方が絶対に役に立つ。自らの責任で選択した人生には、たとえ逆境に陥っても立ち向かう強さがあるからだ。


    (出典 number.ismcdn.jp)




    続きはソースで
    http://number.bunshun.jp/articles/-/831580

    ★1が立った日付2018/08/22(水) 11:24:17.33
    前スレhttps://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1534910108/

    小さいな
    【県外出身の選手はよそ者扱い? 美しくない現状】の続きを読む



    1 名無しさん@涙目です。 :2018/06/24(日) 18:08:09.86 ID:lZcsiKv70.net BE:784885787-PLT(15000)


    (出典 img.5ch.net)

    県外選手ズラリに賛否の声 秀岳館主将、熊本の声援励み
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180624-00000025-asahi-spo

    ■高校野球のモヤモヤを考える

     「県外の人が多いチームでも応援するべきだと思います。野球をする上で出身県などは関係ないと思います」
    (熊本県北の公立校・主将)=アンケートから
    野球留学についての高野連アンケートの結果
    今春の選抜高校野球を制した大阪桐蔭のように、県外選手が集まる甲子園常連校は多い。
    一方で、「地元の代表」の多くが県外選手となることへの批判も根強い。選手たちはどう受け止めているのだろう。

    14日までの選手登録によると、ベンチメンバーに県外の選手が最も多かったのは、
    昨夏まで春夏通算4季連続で甲子園出場の秀岳館。20人中17人だった。
    福岡県出身で主将の橋口将崇(3年)は「野球の強いところに入って甲子園に行きたいと思って来た」と
    入学の理由を語った。福岡県は高校野球の激戦区。甲子園に出るため県外の私立で野球をすることは
    中学生のころに決め、思いを両親に伝えていた。
    入学してすぐ、選手たちのレベルの高さに驚いた。地元にいた高校生とは、体の大きさも違った。
    熊本地震が起きて一度帰省したときには「レギュラーはもう無理かな」と親に漏らした。
    寮生活のため練習後も上下関係が一日中つきまとう。1年生は率先して動かなければならず
    想像以上につらかった。練習が深夜に及び、そこから洗濯などをして、就寝が午前2時になることもあった。
    ただ、得たものは大きかった。昨春の選抜大会。2回戦の五回表から捕手として起用され、
    初めて甲子園でマスクをかぶった。そこから見た景色は、これまで見てきた球場とはまるで違った。
    観客が多く、雰囲気に圧倒された。「ここにまた来られるならどんなつらい練習も乗り越えられる」。そう思った。

     親のありがたさに気づき、深く感謝するようになったのも、実家を離れたからこそだった。
    5月5日に行われたRKK旗準決勝では本塁打を放ち、前日が誕生日だった母親にボールを渡した。
    泣いて喜んでくれた。両親に恩返ししたいという気持ちが、今大きな原動力になっている。
    「親のためにも何が何でも勝たなきゃと思います」と話す。


    【甲子園常連校のスカウト制度に賛否両論の声】の続きを読む

    このページのトップヘ