常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:秋田



    1 pathos ★ :2018/10/21(日) 18:48:19.98 ID:CAP_USER9.net

    10/21(日) 18:15配信 産経新聞

     25日に開催されるプロ野球のドラフト会議で、今夏の全国高校野球選手権大会で準優勝した秋田・金足農高の吉田輝星投手(17)の行方が注目されている。魅力は150キロ超の直球。甲子園でも多くの空振りを奪ってきたが、吉田の直球はプロ野球の投手よりも打者の手元でホップ(浮き上がる)するように見えることが、スポーツ科学による球質の分析で証明された。

     球質を分析したのは、ボールの回転について研究している国学院大の神事努准教授。秋田県の高校野球強化プロジェクトの一環で、吉田が高校2年時の昨年11月、直球の変化量を計測した。球速、リリースポイント、投げ出しの角度が同一で無回転、空気抵抗のないとき、重力通りに球が落下した地点を原点とし、縦のプラス変化を「ホップ成分」、横のプラス変化を「シュート成分」とした。

     神事准教授の分析によると、吉田の直球の縦の変化は53センチ。高校生平均32センチに比べてボール3個分上に到達していた。プロ野球平均の44センチ、米大リーグで活躍する日本人投手と比べても高い数値であることが分かる。また、吉田の横の変化は10センチで、高校生平均18センチよりも小さい。神事准教授は「腕を縦に振って投げているので、きれいなバックスピンがかかり、回転数も多くなっている」と分析する。

     回転数が多いほど揚力が生じ、球は重力で沈みづらくなる。打者が球を目で追えるのは約3メートル手前まで。その後は、経験則に基づいて球の軌道を予測し、バットを振る。予測以上に球が落ちなければバットは球の下を通過し、空振りが取れる。打者は球がホップする感覚を覚える。

     これが「球の伸び」の正体。8月17日の3回戦で吉田と対戦した横浜高の3番・斉藤大輝主将は「低めの球の伸びが予想を超えていた」と証言。同8日の1回戦で14奪三振を喫した鹿児島実高の宮下正一監督も「高めの直球に手を出すな、と言っても振ってしまう」と振り返った。

     ヤクルトなど複数の球団が吉田を1位候補として評価している。神事准教授は「(吉田は)まだまだ成長すると思う。ゴロで打ち取れる球種を覚えれば、プロ野球でも活躍できる」とみている
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-00000545-san-base

    【野球】松坂を育てた元横浜高校の小倉さん「金足農・吉田輝星は松坂より上 」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1539590853/

    【野球】西武だけ調査書未提出も吉田輝星一本釣り画策か あの松坂を取ったときも調査書を出さなかった
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1539964658/


    (出典 www.asahicom.jp)

    期待が高まるな
    【金足農・吉田の球はあの剛腕よりも優れている?】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/20(土) 09:15:23.11 ID:CAP_USER9.net

    西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏は、プロ入りを表明した金足農・吉田輝星投手の育成方法について、松坂大輔投手の例を挙げ、助言する。

    金足農の吉田輝星投手がプロ志望届を提出し、プロを目指すことを表明した。
    当初は八戸学院大への進学を真剣に考えていたが、甲子園、U18アジア選手権での代表メンバーとしての働きの中で、確固たる自信が芽生えたのだろう。

    本人、そして家族の決断なのだから、周囲がとやかく言うのはフェアではない。
    一つ言えるとすれば、絶対に自分を信じることだけは忘れず、プロの世界に飛び込んでもらいたい。

    吉田投手の伸びのある直球だけでなく、試合の大局を見極める目や、けん制時の走者との駆け引きのうまさは教えてすぐにできるものではない。
    野球センスという部分で目を見張るものがある。ただ、それと即戦力としての評価は別物だ。
    高卒選手はまっさらな目で見てあげなければいけないし、球団は育成面で絶対に背伸びだけはさせてはならない。

    私が西武監督時代の1998年のドラフトで松坂大輔(現中日)が入団してきた。私は開幕直前まで、彼に対して1軍を確約したことはない。
    1月の新人合同自主トレまでのオフの間、私から特別な指示を大輔にした覚えはないし、西武第二球場で初めて近くでキャッチボールをする姿を見たときも、私が見ていたのは球の勢いではない。
    体幹の強さ、そして長いシーズンで使った場合に、故障につながる可能性がどこにあるか、だった。彼の場合は、左足首と左膝の硬さが気になった。

    もちろん本人に言うわけではない。まず、彼の特徴をしっかりと把握した上で、変更点を提示すべきであり、それはコーチ陣にも指示した。
    2月の高知・春野キャンプで、ようやく一つだけ注文を出した。
    「スライダーはいつでも投げられる。とにかくカーブを投げろ」と。肘や肩を柔らかく使うためだった。ブルペンでいくらアピールしても意味はない。
    私が見極めていたのは「プロのキャンプにしっかり余力を残してついてこられるか」だけ。
    10日以上たっても、バテている感じはない。そこで私は初めて「高卒新人ではなく、プロの先発投手の一人として考えられる」と思うようになった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181018-00000064-sasahi-base
    10/20(土) 7:00配信


    (出典 contents.oricon.co.jp)

    松坂大輔レベルの評価?
    【金足農・吉田にアドバイス? 東尾修氏が「誘惑に注意するべし」】の続きを読む



    1 pathos ★ :2018/10/20(土) 00:57:38.45 ID:CAP_USER9.net

    「12球団で唯一、西武だけが調査書を出していないというんだな。あの松坂を取ったときも調査書を出さなかったそうだし、調査書を出さないからといって、指名できないということはない。逆に調査書を出さないことによって、他球団に『西武は吉田に興味がない、あくまでも大学生や社会人の即戦力投手が欲しい』と思ってもらいたいんじゃないか。それに西武は改めて調査書を出す必要がないくらい、担当スカウトが金足農に食い込んでいる。当初、進学予定だった八戸学院大とは秋山を獲得するなどして太いパイプがあるし、担当スカウトはかなり早い時期から他球団に『吉田はいい投手ですが、進学ですよ』と吹聴してた。夏の甲子園で全国区の選手になったけど、それ以前は西武が囲っているんじゃないかともっぱらだったからね」
    そもそも西武はドラフト1位で高校生投手を指名する傾向がある。近年では14年の高橋光成(前橋育英)、16年の今井達也(作新学院)と、それぞれ夏の甲子園優勝投手を単独1位で獲得した。

     根尾を1位指名する球団が続出、それ以外の球団は「即戦力」といわれる大学生投手を指名しそうなドラフト戦線の雲行きを、西武はしめしめとニンマリしながら見守っているのではないか――。
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/239855

    【野球】松坂を育てた元横浜高校の小倉さん「金足農・吉田輝星は松坂より上 」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1539590853/


    (出典 www.sponichi.co.jp)

    松坂大輔獲得と同じ作戦か
    【策士西武がついに動き出した! ドラフト会議の戦略とは…】の続きを読む



    (出典 www.sanspo.com)



    1 pathos ★ :2018/10/16(火) 19:45:25.60 ID:CAP_USER9.net

     今夏の第100回全国高校野球選手権大会(甲子園)で準優勝に輝き、10日にプロ野球志望届を提出した金足農・吉田輝星投手(3年)に対し、巨人、オリックス、日本ハムのスカウトが15日、秋田市内の同校を訪れた。3球団は中泉一豊監督(46)に調査書を手渡して会談。日本ハムは大渕隆スカウト部長(48)が出向き、吉田との面談も行うなど、改めて評価の高さをうかがわせた。

     直々に足を運んだ。日本ハム・大渕スカウト部長は、白井スカウトとともに金足農を訪れ、中泉監督もまじえて約40分間、吉田と面談を行った。

     「上位候補と考えている高校生とは、こうして面談をするようにしている」。大渕スカウト部長は改めて吉田が高評価であることを明かした。

     同部長は、試合や練習で見せる能力だけでなく、普段の態度やしぐさなどもチェックし、これまで大谷翔平(現エンゼルス)や清宮幸太郎ら高校生を上位で指名してきた。この日の吉田に対しても「非常に立派な受け答えだった」と評するなど、約15分だった阪神の倍以上の時間を使って、じっくりと見極めた。

     この日は昼過ぎから巨人、オリックスのスカウトも調査書を手渡しに同校を訪れた。10日に吉田がプロ志望届提出後、プロ球団の同校訪問が始まったが、関係者の話を総合すると、この日が最後。日本ハムは、11球団(西武以外)のトリを飾った。

     吉田と同じく上位指名が予想される大阪桐蔭・根尾昂内野手とも、大渕スカウト部長はすでに面談済みだという。25日のドラフト会議まであと10日を切った。「その年のナンバーワン選手をドラフト1位で指名する」という方針を持つ日本ハムの動向に、注目が集まる。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000037-sanspo-base

    栗山監督の下でやってほしい
    【日本ハムが金足農・吉田獲得へ本格的に動き出した?】の続きを読む



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/12(金) 20:26:35.21 ID:CAP_USER9.net

    今夏甲子園大会準優勝右腕でドラフト1位候補の金足農・吉田輝星投手(3年)が10日、秋田市内の同校で会見を開き、プロ志望届を提出したことを明かした。

    「チームとして甲子園で力を発揮して勝ち進んでいく中で自信につながって、大学への進学から元々の夢だったプロに行きたいという気持ちに変わっていった」

    緊張気味の面持ちで心境の変化を口にした。7月の秋田県大会の時点では青森・八戸学院大への進学を決めていたが、甲子園での大ブレークとともにプロの評価も2、3位クラスから急上昇。
    会見前の時点でプロ9球団から調査書の記入依頼が寄せられ、地元東北の楽天、横浜DeNA、阪神などの1位指名が有力視されている。

    本人が「好きな球団」と公言した巨人への気持ちは封印した。「特定の球団に関する質問はご遠慮ください」と司会者から事前に要請があったにもかかわらず、
    民放テレビ局アナウンサーが「以前は巨人が好きと言っていたが、気持ちに変化はないか」とド直球のNG質問を投げ掛け、即刻打ち切られる一幕も。

    吉田が決断を下したのは福井国体を終えて秋田に戻った翌日の4日。両親とともに野球部の中泉一豊監督(46)、前監督の嶋崎久美氏(70)、渡辺勉校長と話し合い、プロ入りへの強い決意を明かした。

    中泉監督は翌5日に渡辺校長と共に八戸学院大に足を運び、吉田が昨年10月から指導を受けていた正村公弘監督(55)に進学断念の意志を伝えた。

    「やはり恩がありましたから。甲子園期間中も何度か正村監督とやりとりをして、(進学の意志を)確認していた。
    甲子園が終わってからですかね、吉田が自信を付けてプロに対する気持ちが強くなってきたと感じたのは…」と中泉監督。

    「正村監督は『もっと早く(心変わりを)言ってほしかった』とおっしゃっていて、報告が遅くなってしまったのは本当に申し訳なかったと思っています。
    ですが、最後は受け入れてくださった」というとおり、大学側にも事情がある。

    大学の野球部入部を前提とした推薦入学の“内々定”は、高校3年の6月に決まることが多い。
    まさに吉田が八戸学院大に決めたのが、いわゆる“野球推薦”の一般的な時期。
    だが、今回の吉田のように推薦入試が行われる直前での進学辞退は、代わりの人材確保がままならないという。

    中泉監督に正村監督を紹介した嶋崎氏は「吉田君を先例に金足農から八戸学院大への進学の道が開けていたが、そこがなくなったのは残念」と悔しがった。

    プロで元気に躍動する姿を見せることが、奔走してくれた周囲への何よりの恩返しとなるのは間違いない。(片岡将)

    https://www.zakzak.co.jp/spo/news/181012/spo1810120004-n1.html
    2018.10.12

    人生を変える決断なんだから仕方ないと思わないかな
    【八戸学院大監督が金足農・吉田を批判? 】の続きを読む

    このページのトップヘ