常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:続投



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/10/12(金) 07:01:53.83 ID:CAP_USER9.net

     (パ・リーグ、日本ハム5-4ロッテ、25回戦、日本ハム15勝9敗1分、11日、札幌D)日本ハム・栗山英樹監督(57)が来季も続投することが11日、分かった。ロッテ最終戦(札幌ドーム)に5-4で勝ち、3連勝で就任7年目のレギュラーシーズン全日程を終了。球団側はポストシーズン終了後にも正式に要請する方針で、同監督は「責任を取りたい。俺から辞めるのは失礼だと思っている」と受諾する意向を示している。

     就任7年目となる今季は1年契約で臨み、投打の柱だった大谷が米大リーグ・エンゼルスに移籍した中、一時リーグ優勝した西武にゲーム差なしまで迫るなど奮闘。3位で優勝した2016年以来2年ぶりとなるクライマックスシリーズ(CS)進出を果たした。

     高卒新人ながら今季7本塁打を放ったドラフト1位・清宮(早実高)ら若手選手の育成でも手腕を発揮。8年目を迎えれば、球団では11年間指揮した大沢啓二元監督以来の長期政権となる。

     13日には、ソフトバンクとのCSファーストステージが開幕する。試合後のセレモニーで栗山監督は「日本一になるチャンスはあります。まず全員で目いっぱいぶつかって、CSを突破して北海道に帰ってきます」と日本シリーズ進出での凱旋(がいせん)を誓った。


    栗山 英樹(くりやま・ひでき)
     1961(昭和36)年4月26日生まれ、57歳。東京都出身。*高、東京学芸大では投手。内野手として84年ドラフト外でヤクルトに入団し、2年目に外野手転向。89年にゴールデングラブ賞。90年、体調不良を理由に29歳で引退。通算成績は494試合出場、打率・279、7本塁打、67打点。引退後はスポーツキャスターとして活躍。2011年11月に日本ハムの監督に就任し、指揮1年目の12年にリーグ優勝。16年に日本一。右投げ両打ち。背番号80。

    2018.10.12 05:02
    https://www.sanspo.com/baseball/news/20181012/fig18101205020004-n1.html

    (出典 www.sanspo.com)

    いいイメージしかないが斎藤佑樹を戦力外にしないのが気になる
    【栗山監督の手腕が高く評価されて続投決定か?】の続きを読む



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)



    1 ほニーテール ★ :2018/10/10(水) 22:16:00.51 ID:CAP_USER9.net

     DeNAのアレックス・ラミレス監督(44)の来季続投が正式に決定した。

     10日の阪神戦(甲子園)後に、南場智子オーナーから正式に続投要請。南場オーナーから「自分のポリシーをもって戦い抜いて、今年の結果を学びにして、また来年もお願いします」と要請され、ラミレス監督は「サポートありがとうございました。来年も頑張ります」と受諾した。

     昨年は3位から日本シリーズに進出。今季はリーグ優勝を期待されていたが、先発陣の柱と見込んでいた今永、浜口、ウィーランドが故障で開幕から出遅れ、夏場には昨季の打点王のロペスも負傷離脱するなど故障者が続出した。

     9日に3年ぶりのBクラスが確定。ただ、一時は最下位にまで低迷したチームをCS争いに導いた手腕に球団は一定の評価を与えており、シーズン全日程終了後に続投要請するとみられていた。

     球団は来季投手コーチにOBの三浦大輔氏(44)、打撃コーチに同じくOBの田代富雄氏(64)を招へいする方針を固めており、来季で就任4年目となる指揮官をサポートする態勢を整えていく。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181010-00000185-spnannex-ent

    ドラフトの指名の仕方が毎回納得できない
    【来季のDeNAに期待! ラミレス監督勝負の3年目】の続きを読む



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/10/09(火) 19:16:40.04 ID:CAP_USER9.net

    阪神は2018年10月8日、ヤクルトとの最終戦に5-6で敗れ、3試合を残して最下位が確定した。阪神の最下位は2001年以来17年ぶり。試合後、谷本修球団本部長は金本知憲監督の続投を改めて明言したが、水面下では早くも次期監督探しが始まったようだ。

    監督就任3年目で初の最下位が決まった金本監督はこの日の試合後、ファンに対して「本当にまあ申し訳ない気持ちというかね、ファンには」と謝罪の言葉を口にしたが、自身の去就については一切、言及しなかった。

    今季、甲子園での球団のワースト敗戦記録を塗り替える勢いで急降下し続け、上昇の見込みなくシーズンを終えようとしている。シーズンを通してのレギュラーが固定出来ず、打線はベテラン頼り。復活を期待した藤波晋太郎投手も5勝止まりで、来季以降の展望は暗い。

    ■親会社にまで及ぶOB最大派閥の吉田派

    その中での金本監督続投。契約をあと2年残している球団はあくまでも慎重な姿勢を見せており、解任に向けて表立っての行動はない。だが、すでに阪神OBらの間で次期監督の話題が持ち上がっているという。

    在阪のスポーツ紙デスクによると、OBの間で岡田彰布氏を次期監督に推す声が最も多いという。岡田氏はOBの中でも力を持つ吉田義男氏の派閥に属しているといわれ、その影響力は親会社にまで及ぶという。

    OBの間にも掛布雅之氏を監督へという声があるが、1軍監督の実績がないため押し切れない。一方の岡田氏は2004年から5年間、阪神の指揮を執り、就任1年目こそ4位Bクラスに終わったが、翌2005年にリーグ優勝を果たし、その後は2位、3位、2位と、Aクラスを堅守してきた。

    球団はすでに来季スタッフの構想を固めつつある。1軍のヘッド兼打撃コーチに矢野燿大2軍監督を昇格させ、打撃コーチに、西武、中日で活躍し、東北福祉大で金本監督の後輩にあたる和田一浩氏の招へいを考えているという。

    ■金本監督解任のタイミグは阪神電鉄株主総会前

    在阪スポーツ紙のデスクは「あと2年契約を残していることもあって、球団がこのタイミングで解任することはないでしょう。現時点での解任はないにせよ、来季は黙っていないでしょうね。交流戦(5月下旬予定)までに結果を残さないと、序盤戦での解任も十分ありますね。6月には本社の株主総会もありますし、金本監督にとっても正念場になるでしょう」と6月解任の可能性について言及した。

    来季、チームが浮上するためには打撃陣の補強と若手のレギュラー定着が必須となるが、現時点で聞こえてくるのは、今季、8本塁打に終わったウィリン・ロサリオ内野手の残留の可能性が出てきたことだけで、10月25日のドラフト会議でどれだけ即戦力を補強できるかにかかっている。

    前出の在阪スポーツ紙デスクが指摘するように、来季序盤戦で結果を残せなければ金本監督解任の声が上がってくるのは必至。OBが岡田氏を推す中、1軍ヘッド就任が濃厚な矢野燿大2軍監督の抜擢も考えられる。いずれにせよ、金本監督に残された時間はそう多くないだろう。


    2018/10/ 9 18:05
    https://www.j-cast.com/2018/10/09340731.html

    もう勝手にやってくれ
    【来季は金本監督続投! その次の監督まで決まっている阪神タイガース】の続きを読む



    1 ひかり ★ :2018/10/08(月) 22:11:06.31 ID:CAP_USER9.net

     「ヤクルト6-5阪神」(8日、神宮球場)

     阪神がヤクルトに連敗し、2001年以来、17年ぶりの最下位が決まった。

     金本監督は「それはね、やっぱりもう、現実を受け止めないと。申し訳ない気持ちというかね、ファンには」と1年間応援してくれたファンに謝罪した。

     前夜の岩貞同様に、この日も先発・才木が序盤から失点を重ね、苦しいゲーム展開を余儀なくされた。金本監督は2回6失点KOの若き右腕について
    「元々、立ち上がりが良くないピッチャーだけど。だいぶ克服できてきたところもあったんだけど。セットになったら球威も落ちてたし」と淡々と振り返った。

     一方的な試合展開となるところだったが、打線が八回に2死から3連続タイムリーを放つなど、1点差に迫る反撃を見せた。これには指揮官も
    「野手も意地を、見せ場を作ってくれました*」と評価していた。

     ただ気になるのは、今季1番打者に定着した糸原のアクシデント。三回の打席で、自打球がワンバウンドして左目付近に当たり負傷交代した。
    「目だからね。どうしても、ぼやけてるみたいだし。検査に行ってるけど」と状況を明かした。今季は全試合出場を続けていただけに、
    「何とかがんばってほしいけどね。がんばって出てほしい*。自信になると思う*、全部出れば」と、軽傷を願っていた。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181008-00000116-dal-base
    無念さをにじませながら引き揚げる金本監督(撮影・田中太一)

    (出典 amd.c.yimg.jp)

    責任を負うべき
    【この結果でも来季も金本監督続投? ファンは大激怒!】の続きを読む



    (出典 dot.asahi.com)



    1 shake it off ★ :2018/10/04(木) 22:21:24.52 ID:CAP_USER9.net

    阪神1-2ヤクルト」(4日、甲子園球場)

     ヤクルトに敗れて4連敗を喫した夜、阪神のCS出場の可能性が完全消滅した。巨人が広島を4-0で下したことで試合終了前にBクラスが確定。甲子園では引き分けを挟んで7連敗。本拠地では37敗目で、1995年に記録した球団ワーストの38敗にあと1となった。

     代打の伊藤隼が三振に倒れて敗戦が決まる瞬間を金本監督は厳しい表情で見つめた。

     1-1の九回、ドリスが奥村に許したプロ初本塁打が勝敗を分ける結果となった。しかし、試合後の金村監督は「打線ですね。点がやっぱりとれませんね」と1点止まりだった打線を敗因に挙げた。

     虎の子の1点をたたき出したのはベテラン鳥谷だった。五回。代打で登場し、中前へ同点の適時打。これで通算2065安打目をマーク。藤田平氏が持つ球団記録を超えた。

     ベテランの執念の打撃に甲子園は沸いた。「あれでいけると思った」。指揮官もそう振り返った場面だった。

     しかし、そんな展開に持ち込んでも勝てない現実がある。

     CS進出の可能性が完全に消滅したことを問われた金本監督は「受け止めます」と責任を一身に背負った。来季へ向けての課題を問われると「まず、打線でしょうね」としながらも「全部じゃないですかね。全て立て直していかないと」ときっぱりと決意を口にした。

     借金16は2016年9月24日以来。2年ぶりのBクラス確定。残りた。5日も甲子園球場で中日戦に挑む。ファンのためにも本拠地での連敗を止めたい。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181004-00000141-dal-base

    若手が育っていない
    【金本監督続投に疑問の声連発! 「来季もやるの?」】の続きを読む

    このページのトップヘ