常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:花咲徳栄



    (出典 portal.st-img.jp)



    1 プーアル ★ :2018/09/04(火) 15:20:06.79 ID:CAP_USER9.net

    しらべぇ既報のとおり、「少年野球の監督が選手を殴る動画」が物議を醸している。体罰は日常化しており、多くの少年たちが監督からの理不尽な暴力や叱責に恐怖していることは間違いない。

    この問題は、3日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)でもとりあげられた。

    ■容赦のない暴力や叱責
    映像によれば、問題となったチームの監督は小学生の選手に対して、平手打ちや殴るなどの暴力を加え、選手がミスをすると「お前もう使えへんぞコラ!」と叱責をしている。

    番組では、元所属選手の保護者へのインタビューも放送。現在は別のチームに所属している選手たちは、監督の圧力から開放され、技術も向上して伸び伸びとプレイしていると語られた。

    また、体罰を繰り返していた監督は「師弟愛でのわかりあった中の指導でこの(体罰を受けた)子と保護者からわかってもらっている」と主張。

    しかし、その後地域の軟式野球連盟から「処分を検討している」との回答が出ると、「チャンスを頂けるなら体罰のないチームにしていきたい」と反省の色を見せたという。放送を受け、ネット上では「胸*悪い」「ありえない」と批判の声が相次いだ。

    ■少年らに「執念ないんじゃ」
    指導者でありながら、暴力という手段で少年選手たちを支配することは決して許されない。

    ところが、放送と同時刻(3日8時19分)、昨年のドラフト2位で埼玉西武ライオンズに所属する西川愛也外野手が、自身のツイッターアカウントで以下のようなツイートを投稿した。

    「監督に怒られてびびって野球まともにできひんやつが公式戦の恐さに勝てるわけないやろ。執念ないんじゃ」

    まるで、暴力や叱責に怯える少年たちを非難するかのような内容だ。ライオンズの先輩である高木勇人投手も心配してコメントしていたが、この投稿は現在削除されている。

    ■西武ライオンズ広報に聞いた
    このツイートは、どのような意図だったのだろうか。しらべぇ取材班は埼玉西武ライオンズの広報担当にメールと電話で話を聞いた。

    広報担当者:本人に確認したところ、「監督を擁護した意図ではありません」とのことでした。また、ライオンズが球団として、野球界における体罰やパワハラを容認することはありません。

    本日、球団から本人に直接口頭で、SNSの使用について注意をしています。また再度、SNSについて教育をしていきます。

    とのことだった。西川選手は、19歳。プロ野球ではルーキーながら夏の甲子園では優勝経験を持ち、ツイッターは1万2千フォローを超えるが、SNSでの発言については、若さゆえの感情がほとばしってしまったのかもしれない。

    ■「体罰容認論」の恐ろしさ
    青少年スポーツで指導者からの体罰が行われた場合、「本人は体罰だと思っていない」「保護者が認めている」といった言い訳が出るケースが少なくない。

    また、西川選手のような「体罰にビビっていて勝てるか」といった意見や、「愛のムチだ」「強くなるためには時に体罰も必要だ」などといった体罰容認論も根強い。

    しかし、青少年スポーツの指導者に懲戒権は認められておらず、体罰は疑う余地もなく犯罪。客観的に見て明らかに暴行されている選手の保護者が「体罰ではない」などと主張したり、子供たちにそう言わせるのは、同様の被害者が声を上げづらくなる恐れもある。

    また、「俺のやり方は認められているのだ」と勘違いした加害者に体罰を続けさせることにもつながりかねない。さらに容認論者が指導者になったとき、体罰は世代を越えて再生産される可能性も。

    しかし、こうした体罰容認論の人たちもまた、かつては体罰の被害者で、それを乗り越えたからこその主張かもしれない。と考えると、過去には被害を受けていた彼らを単純に責めることもできないのが、体罰の恐ろしさとも言える。

    ■「小学生の選手たちがあまりにもかわいそう」
    動画投稿者は番組の中で、「少年野球の世界から暴力をなくしたい」と語っている。しらべぇ取材班は、西川選手の今回のツイートについて、チームの元関係者に話を聞いた。

    「絶対的な権力者である監督に殴られ、親もそれを許容する状況で、憧れの存在である西川選手からも非難されるというのは小学生の選手たちがあまりにもかわいそうです。

    勝手に親近感を覚え高校時代から応援しておりましたが、今回のツイートはとてもがっかりしました」

    体罰を加えた監督を擁護している意図はないとしながらも、少年選手に怒りを向けた西川選手。多くの野球少年が憧れるプロ野球選手として、SNSであろうと模範となる発言を心がけてほしいものだ。

    https://www.news-postseven.com/archives/20180904_754387.html?PAGE=1#container

    個人的には不愉快
    【西武・西川愛也の発言に賛否両論! 小学生相手に何を言っているんだろう…】の続きを読む



    (出典 www.saitama-np.co.jp)



    1 Egg ★ :2018/07/30(月) 07:56:00.64 ID:CAP_USER9.net

    昨夏の甲子園で、埼玉県に初めて優勝旗を持ち帰り、その知名度を全国区にした花咲徳栄高校(加須市)。今年も北埼玉大会を制し、史上6校目の夏連覇を目指している。そんな最中、教職員の「ブラック労働」が常態化しているという“内部告発”が上がった。文武両道を掲げて拡大路線を突き進む有名私立校で何が起きているのか──。

     7月24日、花咲徳栄高校が6度目の甲子園出場を決めた直後、テレビ画面に映る教え子たちの歓喜の輪を見つめていた同校の現役教師A氏が、重い口を開いた。

    「頑張った生徒たちを褒めてあげたい半面、素直には喜べない。“甲子園優勝校”の金看板の裏で、ブラック労働が横行している。『甲子園に引率する余裕なんかない』と話す同僚もおり、見切りをつけて教育現場を去った教員もいます」

     花咲徳栄は、埼玉県内で1大学・4高校などを運営する一大学園グループ「佐藤栄学園」(本部・さいたま市)の一角をなす。今回の甲子園出場は、教員たちにとっても“厳しい戦い”だとA氏は語る。

    「これから学年ごとに“ゼロ泊3日”の応援ツアーが組まれます。1学年600人を超える生徒と職員が30台ほどのバスで甲子園まで往復します」

     この酷暑の下、応援し、着替える暇もなくバスへ──生徒の体調管理に神経を使う教員も激務だ。

    「引率する教職員には1円の手当も出ないボランティアで、学園グループの教職員は一律、賛助金の名目で1万円が徴収される。数年前までは弁当代や移動費として6000円ほどのお金も自腹で負担していました。もちろん野球部員の晴れ舞台だから、応援したい気持ちはあります。

     ですが、そうしたやり方には“生徒のため”という異論を挟みにくい掛け声のもと、無茶な働き方を強いる今の花咲徳栄の体質を感じてしまうのです」(A氏)

    ◆17連勤の職員も

     教員の間に“厭戦気分”が漂う背景には、長時間労働の常態化があるという。

     同校が生徒募集用に作成した2018年度版のパンフレットでは、カリキュラムは週6日制で、うち4日は「0時限~8時限」まで授業があると説明している。

    つづく

    7/30(月) 7:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180730-00000011-pseven-soci


    マジかよ
    【あの甲子園常連校でまさかの内部告発! あの高校はブラック校だった】の続きを読む



    1 ニーニーφ ★ :2018/06/27(水) 23:23:25.14 ID:CAP_USER9.net

    ◆ヤクルト7―2中日(27日・神宮)

     昨夏、埼玉・花咲徳栄高で甲子園優勝投手になった中日・清水達也投手(18)が、1回0封で上々のデビューを果たした。

     この日初の1軍昇格を果たすと、7回から3番手で登板。
    先頭の山田には四球を許すが、バレンティンは空振り三振、川端は併殺打に打ち取り、無失点でマウンドを降りた。

     「ブルペンでは緊張したが、1軍のマウンドは気持ちよかった。周囲からはナイスピッチと声をかけていただいた」と
    ドラフト4位右腕は、充実した表情で振り返った。
    朝倉投手コーチは「よかったんじゃないですか。彼にとってこれがスタートです」と今後の活躍を期待した。
    http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20180627-OHT1T50221.html


    (出典 www.hochi.co.jp)


    関連スレ
    【野球】セ・リーグ S7-2D[6/27] 青木先制弾&適時打4打点!バレ坂口適時打!カラシティ好投ヤクルト3連勝 藤嶋KO打線反撃遅く中日3連敗
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1530100894/


    【甲子園優勝投手 中日・清水達也(18)が鮮烈デビュー 】の続きを読む

    このページのトップヘ