常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:荒木



    (出典 i.daily.jp)



    1 pathos ★ :2018/10/07(日) 08:57:37.23 ID:CAP_USER9.net

     ?野球をやめて、やりたいことは。

     「今まで野球しか考えてなかったから、これから考えます。ようやく引退会見できたので。ふふふ。スッキリしました」

     ?厳しい練習はつらかったか。

     「厳しい練習とは言いますが、僕らは野球を仕事にしている。一般のサラリーマンの方もマスコミの方も一緒。人より努力した人が上にいけるでしょうし、そういう気持ちでやってきたので、厳しいと感じたことはないです」

     ?今後、指導者として後進を育てたいか。

     「そういう気持ちはあります」

     ?どんなコーチになるのか。

     「もともと“できない”というところからプロ野球選手生活が始まった。だから、できない選手たちのことを分かってやれるようにしたい。『分かる分かる。その失敗、分かる』というところから話をできるようにしたい」

     ?大阪桐蔭・根尾は、荒木と話をしたいと言っている。

     「電話してくれたら(笑い)。退部届出した? 出してないとダメだね(笑い)。僕とはスタートラインが違うレベルの選手。2500、3000試合くらい出場して、3000安打くらい打てる選手だと思っている。僕は楽しみに応援しています」

     ?プロとして、いけると思った瞬間は。

     「それがないんですよ。いまだに自信がない。よくここまでやってこれたなと。その気持ちがあったから、やってこれた。最後の13日まで全うしたい」

     ?選手の間、我慢していたことは。

     「別に。ハイ」

     ?生まれ変わったら野球選手はイヤだと言っていたが。

     「なりたい! ポジションは変わるけど。(どこ?)(小声で)ピッチャーかな。ダメだろうな、多分。苦しいことが多いだけに、もう生まれ変わってもやりたくないと思うけど、こうやって皆さんに集まっていただいて引退会見できるなら、もう一度やってみたいと思いますよ」

     ?13日に引退セレモニー。来春のオープン戦で引退試合。

     「ここまで引退会見をやらなかった理由は、(他球団も)Aクラスをかけてやっている中で、複雑な気持ちでやってほしくなかったというのがあった。でも(報道で)出ちゃいましたけどね(苦笑)。あの時は、まだ阪神がCSの可能性があったので」

     ?お疲れさまでした。

     「お世話になりました」
    https://news.biglobe.ne.jp/sports/1006/sph_181006_6246939809.html

    妙に納得だわ
    【中日、荒木雅博が後継者に指名した選手は驚きの…】の続きを読む



    1 pathos ★ :2018/09/26(水) 12:15:16.58 ID:CAP_USER9.net

     セ・リーグ最下位の中日に激震だ。岩瀬仁紀投手(43)、荒木雅博内野手(41)、浅尾拓也投手(33)が今季限りで現役引退することが25日、本紙の取材で明らかになった。現役最年長で前人未到の通算1000試合登板に王手をかけている岩瀬、昨季に史上48人目となる通算2000安打を達成した荒木、2011年に史上初めて中継ぎとしてリーグMVPに輝いた浅尾…。ドラゴンズ一筋の“球界のレジェンド3人”はコーチとしてチームに残り、来季から強竜再建を目指す。

    【写真】前人未到の400セーブを達成し喜ぶ岩瀬

     数々の日本プロ野球記録を樹立してきたプロ20年目の鉄人左腕・岩瀬がついに現役引退を決断した。愛知・西尾市出身で1998年ドラフト2位で入団し、1年目から15年連続で50試合登板。2004年から抑えに転向すると、05年から9年連続30セーブをマークした。これまで最多セーブ5度を誇り、14年7月に史上初の通算400セーブを達成。最優秀中継ぎ投手賞を3度も獲得している。

     長年の勤続疲労などから、15年は一軍登板なし、16年も15試合の登板にとどまったが、昨季は復活を遂げて4年ぶりに50試合に登板。950試合登板を達成し、歴代単独1位に立った際は「よくここまで来たなと思う。そういう投手になれると思わなかった。信じられない」。この年はカムバック賞に輝いた。

     ここまで今季は45試合で2勝0敗、9ホールド、2セーブで防御率は4・81で、もっか通算1000試合登板に王手をかけ、通算406セーブともNPB記録だ。引退試合は本拠地・ナゴヤドームでの今季最終戦となる30日の阪神戦に登板予定で花道を飾る。今季から兼任コーチとしての役割を担ってきたが、来季は投手コーチに専念し、投手王国再建へ尽力することになる。

     熊本出身でプロ23年目の荒木は1995年のドラフト1位で入団。2年目から一軍に昇格し、当初は主に外野手で起用されたが、2002年に二塁で固定されると、遊撃の井端(現巨人コーチ)との「アライバコンビ」で活躍。落合監督が率いた04年から6年連続ゴールデングラブ賞に輝き、8年間でリーグ優勝4度と黄金期の主力としてチームを支えた。07年には31個で盗塁王を獲得し、同年の日本一にも貢献。ベストナインも3度受賞している。打撃タイトルとは縁がなかったが、04年に年間9度の1試合4安打の日本記録を達成するなど、集中力は天性のもので固め打ちの多さは半端ない。荒木の入団時の中日監督だった故星野仙一氏は生前に「こいつはモノになると思った。ドラゴンズを背負っていくと思っていた」と言っていた通りの野球人生となった。引退試合は来年3月のナゴヤドームでのオープン戦の予定。コーチは内野守備走塁を務めることが濃厚だ。

     愛知・知多市出身で12年目の浅尾はかつて150キロ超の速球を武器に最強セットアッパーとして球界に君臨した。フィールディングやけん制なども華麗で身体能力はズバぬけている。特に2011年に79試合に登板し、驚異の防御率0・41をマークし、リーグ優勝に貢献。中継ぎ投手として初のMVPに輝いた。最優秀中継ぎのタイトルも2度獲得した実績を誇るが、近年は右肩の故障に苦しみ、16年は一軍登板なし。昨季は4試合の登板のみで10月1日のヤクルト戦(神宮)で史上3人目の通算200ホールドを達成したが「すごく気を使わせてしまっていることが悔しい」と負けん気の強さをのぞかせた。

     浅尾は球団から引退試合の打診を受けながら、これを固辞したとされるが、来季からはコーチに就任し、若手投手の兄貴分として一緒に汗を流すことになる。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-00000003-tospoweb-base

    落合監督時代は凄かったな
    【中日の黄金世代を支えた3選手が揃って引退! 悲しむ声が続々】の続きを読む



    1 スレ立て代行@ベクトル空間 ★ :2018/06/04(月) 18:15:32.02 ID:CAP_USER9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180604-00000042-tospoweb-base

    中日が3日の日本ハム戦(札幌ドーム)に5―2で勝利。
    負ければ最下位転落の危機をしのいだベンチ裏で話題となっていたのが、
    今季初めて「9番・二塁」でスタメン出場した荒木雅博内野手(40)の“不死身ぶり”だ。

    9回に今季初安打となる左中間二塁打を放った23年目のベテランは
    「開幕しましたね、いよいよ」とホッとした表情を見せたが、
    ここまで並外れた精神力で不遇を乗り越えてきた。

    オープン戦では打率5割と結果を残していたが8年ぶりとなる二軍スタート。
    二軍戦でも打率3割超えの好成績を残しながら、若手にチャンスを与えるため、
    ここまで一軍昇格(6月1日)が見送られてきた。

     実は4月27日のソフトバンクとの二軍戦でスライディングで帰塁した際、
    左ヒザ下がパックリ裂け、10針以上を縫う大けがを負っていた。
    「骨が見えていたけど、痛いのかゆいの言ってられる立場じゃなかった。
    その10日後には普通に走れたし、すぐに(5月9日からの)試合にも出ていた。
    とにかく一軍に上がれるように必死にやってきた」(荒木)ときっぱり。

     あるスタッフは「荒木の気力、体力はあり得ないぐらいすごい。下でよく腐らなかったと思う」と舌を巻く。
    今季の中日は松坂、岩瀬、吉見、この日2勝目を挙げた山井ら、ベテラン勢の活躍が目立っているが
    「不死身の荒木」もここから大暴れしてくれそうだ。


    【【プロ野球】 今季初スタメンの中日・荒木雅博内野手(40) 二軍で残していた「不死身」エピソード】の続きを読む

    このページのトップヘ