常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:菅野智之



    (出典 ironna.jp)



    1 shake it off ★ :2018/08/01(水) 19:00:06.46 ID:CAP_USER9.net

    いつからだろうか。近所の公園で野球ができなくなったのは…。記者が小学生の頃は友達を誘い、バットとグラブ、ボールを持ち寄って公園で野球をするなんて日常のこと。だが、いまでは公園で「ボール使用禁止」などの文字を見ることが増えた。
    それに比例してか、野球の競技人口の減少は進んでいる。日本高校野球連盟(高野連)は6月、全国の野球部員数と加盟校数(5月末現在)を発表。硬式野球部の部員は、昨年度より8389人少ない15万3184人で、4年連続の減少となった。軟式野球部の部員も同548人減の8755人で5年連続の減少。歯止めはきかない。

    もちろん、総人口の減少、少子化のことなども関わってくる。果たしてそれだけだろうか? 巨人・菅野智之投手(28)は野球界の未来を憂い、「環境の充実」を訴える。

     「最近は公園でバットが使えないし、ボールを使っちゃいけないとなっている。僕が小さい頃なんて、みんなバットを持って、公園で野球をやっていた。素振りをしていた。キャッチボールもできた。いまはそれができないんだから。できる場所がないのに、どうやって(競技人口を)増やしたらいいのか。空き地もいっぱいあるし、ここなら使っていいですよとか。そういうこともできると思うし、絶対に環境だと思う」

     確かに、その通りだ。今では子供たちが野球をできる環境はない。もちろん少年野球チームなどの門戸は開いていると思うが、そもそも野球というスポーツに触れたことがない子供たちにとっては、公園や空き地での野球が“出会い”であり、“スタート”。その場を奪ってしまっているのが大人たちなのだ。

    「環境をまず整えないと。だって、野球に興味がない子も、野球をやっていたよ。『混ぜてー』って。その場もないんだから。やってみたら楽しい。じゃあ野球チームに入ってみようかなって。そこからだと思う。入ってみてお金がかかる。そうなったところで僕らの手が差し伸べられる。お金がない。道具が買えない。選手会の人が基金を作ってくれて野球を続けられた。将来、プロ野球選手になって恩返ししたいなって。それが底辺拡大だと思う」

     巨人の選手会長である菅野も参加するプロ野球選手会でも、競技人口拡大のためにさまざまな活動をしている。幼稚園訪問や野球教室。話し合いの場では「子供たちが野球に関心を持つきっかけを増やす」ことについてなどの意見交換も行われている。だが、プロの選手たちがつかの間の休日を使い、必死に意見を出し合い、休養日やオフシーズンにイベントを行っても、実際に野球をやる場所がないのでは元も子もない。

     だからこそ、まずは環境の整備が必要なのだ。空いている空き地でもいい。公園を時間制で使用を許可するのでもいい。たしかに金属バットやボールは危ないだろう。サッカーボールのほうが幾分か安全だろう。だが、大人たちの都合で、子供たちが思う存分遊べる場を奪ってしまってはいけないと思う。ただでさえ、いまは外で遊ぶ子も減っている。そんな中、「外で野球がしたい」と叫ぶ子に、大人たちが手を差し伸べてあげなくてどうするのか。1人ではできない。市区町村や自治体ごとで、そういう場所を増やしていってほしい。
    https://www.sanspo.com/baseball/news/20180801/gia18080113000004-n2.html


    確かにな
    【日本のエース巨人・菅野が野球界に足りないものを提言】の続きを読む



    1 丁稚ですがφ ★ :2018/07/06(金) 21:00:36.51 ID:CAP_USER9.net

    広島 0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
    巨人 0 0 0  0 0 2  0 2 x  4

    バッテリー
    巨人:菅野、マシソン- 大城、小林
    広島:大瀬良、フランスア- 會澤

    本塁打
    広島:
    巨人:坂本勇 6回裏 12号2ラン

    試合結果:スポーツ報知/yahoo野球
    http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/results/20180706-01.html
    https://baseball.yahoo.co.jp/live/npb/game/2018070601/score

    明日の予告先発
       巨人 - 広島
    内海哲也    野村祐輔
    http://npb.jp/announcement/starter/


    【やはり巨人は坂本勇人と菅野智之頼みという悲しい現実を露呈】の続きを読む



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/06/15(金) 17:07:53.11 ID:CAP_USER9.net

    中日松坂1位独走、菅野とは約9万票差に…球宴ファン投票最終中間発表
    6/15(金) 15:07配信 Full-Count
    https://full-count.jp/2018/06/15/post138008/
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180615-00138008-fullcount-base

    中日・松坂大輔【写真:荒川祐史】

    (出典 full-count.jp)


    ■セ外野は広島・鈴木が2位、中日アルモンテが4位に浮上、阪神糸井は5位転落
    日本野球機構(NPB)は15日、「マイナビ オールスターゲーム2018」のファン投票最終中間発表を行い、セ・リーグ先発投手部門は、中日の松坂大輔投手が1位をキープした。松坂は前日の発表から約4万票も増え、27万4036票に。2位の菅野は18万1334票で、その差は、これまでで最大の9万2702票差に広がった。

    パ・リーグ先発投手部門も、西武の菊池雄星投手がトップを死守。ソフトバンクの千賀滉大投手との差は約1万2000票差なり、ジワジワとその差は拡大している。12球団トップ得票は変わらずソフトバンク・柳田悠岐外野手で45万582票となった。

    セ・リーグ外野手部門では、DeNAの筒香嘉智外野手が変わらずトップ。2位に広島の鈴木誠也外野手が浮上し、3位にヤクルトの青木宣親外野手となった。4位には中日のソイロ・アルモンテ外野手が上がり、阪神の糸井嘉男外野手が5位に転落した。青木とアルモンテの差はわずか2290票。アルモンテと糸井の差も約1万票と大激戦となっている。

    5月22日からスタートしたファン投票受付は、6月17日(郵送の場合、宛先到着分)が締切。ファン投票最終結果は25日に発表される。

    ファン投票 中間発表 | マイナビオールスターゲーム2018
    http://npb.jp/allstar/2018/ballot_interim.html


    【オールスターファン投票中間発表 断トツ1位は松坂大輔 日本のエース巨人菅野とは約9万票差】の続きを読む

    このページのトップヘ