常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:話題



    (出典 www.sankei.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/27(木) 07:15:56.00 ID:CAP_USER9.net

    エンゼルスの大谷翔平(24)がトミー・ジョン手術を行うことを決断したニュースが全米を駆け巡った。
    「最終的には自分で決断しました。ベストな選択だと思います。
    普通なら1年から1年半は試合に出ることができないが。まだ打者として貢献できるのはプラスだと思います。リハビリを頑張っていきたいです」
    大谷は会見でそう語ったが、全米メディアの焦点は、打者としての復帰がいつになるかという点。
    ただ、二刀流選手のトミー・ジョン手術に前例がないため、その推測に様々な意見が飛び交っている。

    地元のオレンジカウンティ・レジスター紙は「大谷が、来週トミー・ジョン手術を受けるという既定通りのような決定が発表されるや否や、
    次に出てきた疑問は、彼がどのくらい早く復帰して打席に立てるかということだ。
    エンゼルスは、まだ答えが分からないでいるが、開幕までに復帰できるか、どうかは不確かでわからない」と、報道した。

    復帰時期について模索する記事の中で「大谷のリハビリを予測することは、トミー・ジョン手術を受けてきたメジャーリーグで比較できる選手が誰一人いないこともあり難しい。
    彼は打者でもあるため、他の投手と完全に比較することはできない。彼は投手でもあるため、他の野手と完全な比較をすることもできない」と、前例がないことを強調。
    『大谷のリハビリの主要部分は、もう一度投球するための準備となるので、ほとんどの部分では、その計画に沿うだろう。
    彼は打つことを含め、投手としてのリハビリへ向けて犠牲を強いられることになる』と語ったエプラーGMのコメントを紹介した。

    野手が行ったトミー・ジョン手術の例としては、昨年6月に左肘にメスを入れたヤンキースのグレイバー・トーレスがいる。
    同紙は「彼は、手術の4カ月後には打撃練習を行っていた。
    左手を手術した右打者として、(トーレスは)大谷と、左右対称のイメージとなるかもしれない。ただ、トーレスは、大谷と同じリハビリを行うことはなかっただろう。
    彼の手術は、ボールを投げない側の手だったので、彼のリハビリは、投手はもちろんのこと投げる側の手を手術した他の野手よりも早く済んだかもしれない」と紹介した。

    その上で「もし(来年の)開幕戦までに戻れなければ、なぜ手術を受けるまでに1か月も待ったのかという疑問が出てくる」と、球団の方針に問題提起した。
    手術が必要と明らかになってから、大谷は打率.297、5本塁打、1.009OPSの成績を残したこともあり、
    「彼は打つことについては制限されていなかったので、彼は引き続きチームへの貢献を望んだ。
    彼は非常に貴重な経験を積んでいる。より多くの投手と対戦することが、来年打者としての素地を広げることになる」とのマイク・ソーシア監督の声で、その事情を説明している。

    もうスーパースターの仲間入りだな
    【MLBの話題の中心はやはりこの男のこの話題!】の続きを読む



    1 Egg ★ :2018/09/17(月) 23:24:31.05 ID:CAP_USER9.net

    「今頃シアトルにいた方が良かったのでは…」


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    右肘にストレス反応が生じ、今季絶望となったカ*のダルビッシュ有投手。先日は右肘のクリーニング手術を受け、来季の復活に向けて着々と準備を進めている。6年1億2600万ドル(約141億1000万円)の大型契約を結んだ1年目に、思うような貢献ができなかった右腕が、米メディアが選ぶ不名誉なリストに入ってしまった。

     米スポーツ専門メディア「ザ・スポーツスター」では、「現所属球団との契約を後悔しているMLB20選手」と題した特集を展開。その20位として、ダルビッシュの名前が挙がった。

     寸評では、サイ・ヤング賞候補、4度の球宴選出といった輝かしい経歴を持つダルビッシュと契約したことについて「カ*を責めることはできない」と指摘。ダルビッシュ自身も優勝を狙える球団と大型契約を結んだことに満足していただろうとしている。

     だが同時に、右上腕三頭筋の故障をきっかけに、今季は8試合に投げ、防御率4.95という成績で終わってしまったことに言及。「ユウは辛辣なシカゴ・メディアから批判を受けており、彼は最も成功を収めたア・リーグに戻りたいと考えているだろう」と推察している。

     さらに、まだわずかではあるが、ワイルドカードでのプレーオフ進出の望みを残すマリナーズが「まだ先発投手を探している」とし、「今頃シャイタウン(シカゴの愛称)よりもシアトルにいた方が良かったのではないかと考える向きもいるだろう」と締めくくっている。

     来季こそは健康状態を取り戻し、カ*と契約して正解だったと言われるような働きを見せつけたい。

    9/17(月) 21:12配信フルカウント
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180917-00206217-fullcount-base

    這い上がれダルビッシュ
    【ダルビッシュがメジャーリーグで話題に! その内容はひどいものだった】の続きを読む

    このページのトップヘ