常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:野村克也



    1 春の呪い ★ :2018/10/15(月) 11:48:27.30 ID:CAP_USER9.net

    サンケイスポーツ専属評論家の野村克也氏(83)が、14日深夜放送のTBS系「S☆1」にVTR出演。セ・リーグのクライマックスシリーズ・ファーストステージ第2戦でノーヒットノーランを達成した菅野の投球をほめたたえた。

     野村氏は試合前から「今日は菅野だからなあ、もう7割8割は(巨人が)勝ってんじゃない? そこまでいってんじゃない? 菅野クラスになると」と巨人有利のジャッジ。
    ヤクルトが長野の本塁打で先制した際にも「相手がエース・菅野が投げてるからね。(味方打線に)点をとってもらえないと思って投げないと」と話し、ヤクルトバッテリーの配球に「ストレートでカウントを取ろうと思ってたら打たれてるね」「防げるホームランと、防げないホームランがあると思うんだね。今のは典型的な防げるホームランだね」と指摘した。

     快投を続ける菅野に野村氏は「本当にいいコントロールしてるね。ピッチングと会話できるピッチャーでしょ。これ以上の楽しいピッチャーはいないよ」と語り、「俺はもう引退したけど、(捕手として)受けてみたくなるようなピッチャーだ」とベタぼめした。

     四回に巨人が本塁打攻勢で4-0とすると、野村氏は「(ヤクルトが菅野から4点を取るのは)無理です、終わり、決まりました」と早くも“判定勝ち”の宣告。
    一方の菅野の完全試合について「あるよ」と予言していたが、七回に山田哲に四球を与えると「あー、あかん。完全試合がパーだ」とボヤき、「やっぱり意識してるね。悔しそうだもん」と菅野の心理を分析した。

     結局、菅野はノーヒットノーランを達成。
    試合後、野村氏は「完全試合のチャンスだったのにね。なんとも惜しい。めったにできる事じゃないからやってほしかったけど」と残念がりながらも、「力で押すのではなく、打たせて取る技巧派でも、ちゃんときちっとコースに投げればこのような結果になるという、見本のようなピッチングだわね」と賛辞を送っていた。

    https://www.sanspo.com/smp/baseball/news/20181015/gia18101510250008-s.html

    安定感がハンパないよな
    【ノムさんに「受けてみたいピッチャーだ」と言わせた選手とは…】の続きを読む



    (出典 image.pia.jp)



    1 Egg ★ :2018/10/10(水) 05:28:03.89 ID:CAP_USER9.net

    9日夜の「深層NEWS」に出演した野球評論家の野村克也さんが、今のプロ野球界の現状について注文をつけた。

    Q:今のプロ野球はどうか?

    野村克也さん「最低。いい野球をやるなという監督が1人もいない。プロなんだからもっと勉強しなさいよと言いたい人ばっかり。この監督は勉強になるなという人が1人もいないから。私としては寂しい」

    野村氏は、また、2年後の東京オリンピックで野球が実施されることについて、「本物の野球をやってほしい。これが野球だというものを見せてほしい」と期待感を示した。


    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20181010-00000005-nnn-soci

    妙に説得力があるよな
    【野村克也氏が今のプロ野球界をぼやく! いい監督は?】の続きを読む



    (出典 img.dmenumedia.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/19(水) 09:35:10.27 ID:CAP_USER9.net

    捕手としても、バッターとしても活躍し、数々の記録を打ち立てた野村克也さん。
    家計に限らず子供の教育も近所付き合いも、すべて妻任せだったという。
    前回の「野村克也さん 一人の暮らし支える亡き妻の言葉」に引き続き、お金の管理やプロ野球選手になった理由などを聞いた。

    ◇  ◇  ◇

    ──この半年間、テレビ出演や執筆など、精力的に仕事をこなされていますね。

    なぜか分からないけど、毎日のように仕事がある。何で俺なんだろうね(苦笑)。

    そういえば、「もうこれぐらいでいいや」と諦めないことも、サッチーさんの信条だった。「自分はここまで」と自己限定せず、やりたいことや目標を持ち続けることが、生きる意欲や成長につながるって。
    年を取って一人で暮らしていると、その意味がよく分かる。

    あとは、健康のために我慢しないこと。健康に悪いからと好きなものを我慢してストレスをためるより、好きなものを食べて元気でいた方がいいというのが彼女の持論。だから僕は今も好きなものを食べ、よく眠るようにしている。
    それが健康のバロメーターになっています。

    「*まで働け」にも通じるけど、できる限りお上には頼らず、生活費は自分たちで何と*る、というのもサッチーさんが言い続けたことだった。

    ──お金のことは沙知代さんに任せきりだったとか。今はお金の管理はどうしていますか?

    克則の奥さんに任せています。前は時計やら洋服やら、欲しいものがたくさんあったけど最近は物欲もなくなってきた*。
    サッチーさんがいた頃は、「現金を持たせると女に使うから」とお金を持たせてもらえず、普段の支払いは全てクレジットカード。銀行からお金を引き出す方法も知らなかったよ(笑)。お金とは縁がないね。

    野村克也さん「*まで働く。生活の安定は自ら確保」

    ■「稼げる仕事」に就きたくてプロ野球選手に

    ──それでも最初は、「稼げる仕事」に就こうとプロ野球選手を志したそうですね。

    たくさん稼いで母親を楽にしてあげたかったの。うちは僕が3歳の時に父を亡くして、母と兄との3人暮らし。僕が小学生の時に母は2度がんにかかり、生活はいつも苦しかった。

    最初は歌手になろうと思ったけど、学校で音楽部に入ったら才能がないと気付いた。次に映画俳優になろうと思ったけど、鏡で自分の顔をまじまじと見たら無理だと思った。最後に残ったのがプロ野球選手だった。

    テスト生として南海ホークスに滑り込むことができたけれど、契約金はゼロ。月の給料は7000円で、寮費3000円を支払って残った4000円から、毎月1000円を母に送り続けました。
    その後結構稼ぐようになって、何万円も仕送りするようになったけど、「あの頃の1000円の方が母ちゃんはうれしかった」って言われて。

    母が亡くなったとき貯金通帳を見て、仕送りのお金は一銭も使っていなかったことが分かった。母親というのはこういうものかと胸が熱くなったね。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180919-00000001-nikkeisty-bus_all
    9/19(水) 7:47配信

    名監督
    【野村克也の発言が話題に! 「死ぬまで働く」】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/06(木) 16:06:12.90 ID:CAP_USER9.net

    19日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、張本勲氏が犬猿の仲といわれる野村克也氏を暗に批判するシーンがあった。

    発端となったのは、日本時間の15日に行われたアメリカ・メジャーリーグ・ドジャース対ジャイアンツの試合。
    ファールを打ったドジャースの選手が悔しがる仕草を見せ打席を外したところ、捕手がなにかクレームを付けた模様で、大乱闘に発展。関口宏によると、捕手が打者に「早く打て」と言ったのだという。

    これを見た張本氏が「喝」と絶叫。そして、乱闘の原因はキャッチャーだとして、
    「余計なこと言わなければいいのよ。やっぱり言ってますよ。『かっこつけないで早くバッターボックス入れよ』くらいは言ってますよ」と捕手を批判。

    続けて、「バッターは打ち損じてるから悔しいよ。折ったんならバッターも喝だけど、そういうキャッチャーも日本におりましたよ。いけないよ、そういうこと言っちゃね」

    と糾弾する。関口宏から「有名な人ですか?」と聞かれると、「そうそう有名な人だけどね。だから、本当はそういうこと言っちゃいけないよ。真剣勝負なんだから」と激しく糾弾した。

    張本氏の言う「有名な人」とは、ささやき戦術で有名な南海ホークスなどで捕手を務めた野村氏であることは明白だ。

    2人は現役時代から犬猿の仲として知られており、有名なエピソードとして野村氏が打席に入った張本氏に対し、「態度はでかいけどナニは小さい」と囁いたところ、狙い通り張本氏が凡退。
    ところが次の打席、怒りに震えた張本氏がわざと空振り。
    そのバットで、野村氏の頭を叩いたという伝説がある。

    そのことを根に持っているのか、野村氏は2017年、TBSの野球中継にゲスト出演した際、張本氏について「バッティングだけしか興味がない。守備なんていないと同然」
    「内野安打のときは速いがピッチャーゴロのときは走らないよ。バッターボックスからそのままUターンベンチに帰ってくる」と猛批判。

    さらに、「TBSの朝のテレビで色々選手批判してるけど、彼は選手批判する資格ないですよ」「同じ世代で野球をやった人間として彼の談話を聞いていると、
    『お前そんな人のこと事言う権利あるか』とテレビに向かって文句を言っている」「彼の側ではこの話はしゃべれないよ。手が早いからバーンとぶん殴られそうだから」と猛烈にこき下ろしたことがある。

    張本氏は直接的に野村氏についてコメントしたことはないが、今回のように捕手批判をする際、暗に野村氏を連想させる発言をすることがある。
    実際、『サンデーモーニング』に野村氏が出演したことはなく、今回の張本氏の発言を見ても、2人の仲はやはり最悪のようだ。

    ともあれ、両者お互いの打撃技術を認めあっているのも、事実である様子。
    また、2016年にはTBSの『S1』で、共演したこともある。実際のところどう思っているのかは、本人しかわからない。

    可能であれば、野村氏に『サンデーモーニング』内で張本氏に喝を入れてほしいものである。

    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20180820-28739954-naigai
    2018/8/20 12:01 リアルライブ


    (出典 Youtube)

    野村克也の歌  『俺の花だよ月見草』


    (出典 www.shuminoengei.jp)

    ノムさんの方が愛があるな
    【犬猿の仲だった張本勲氏と野村克也氏がついに和解?】の続きを読む



    (出典 i.daily.jp)



    1 豆次郎 ★ :2018/08/12(日) 22:01:25.38 ID:CAP_USER9.net

    8/12(日) 20:00配信
    野村克也「四国に球団がないのは不自然だと思う」

     名将・野村克也氏(83)は、巨人の現状を「甘え以外の何物でもない」 と一喝する。

     2012年以来の日本一奪回のため、2018年も投打ともに他球団の主力を補強したが、話題はグラウンド外の “愚行” ばかり。つい先日もその責任を取り、オーナーが辞任した。さあ「ボヤキ節」がスタートだ。

    ■不祥事ばかりの巨人

    「歴史も伝統もある巨人が球界のリーダーであるのはいい。でも、それならば模範になるチームであってほしい。 ところが不祥事が多い。その責任はどこにある? 当事者はもちろんで、トップであるオーナーがやめることも仕方がない。

     だが、それだけで片づけていいのか。俺は選手を獲ってきたスカウトや編成部にも責任はあると思う。獲る際に交友関係や性格などをしっかりとチェックすべき。問題を起こす選手は、過去に前兆がある。阪神の監督時代、俺は特に厳しく調べさせたよ」

    ■「実力のパ」は当分続くのか

     この10年、日本シリーズの覇権は8度、パ・リーグが制している。「実力のパ」は当分の間続くのだろうか。

    「日本シリーズ、交流戦などを見てもパ・リーグ優位は続くだろうね。また、西武が好調だけど、辻発彦監督の存在も大きい。彼は広岡達朗さん、森祇晶、そして手前味噌になるけど、俺の影響を受けているからな。いい野球を教わっていると思う。彼なら一日3試合の考えをもとに、采配できると期待しているよ」

    ■噂される16球団化

     ここにきて、球界では16球団化が噂されるなど、新たな局面を迎えようとしている。

    「俺が南海で現役のころは東京、関西に4球団ずつと偏っていた。それでオーナーに、徳島にホームを置いてはどうかと進言したんだ。ここには南海のフェリーが通っていた。

     だが、結局は却下。でも 現在、日本ハムが北海道、楽天が東北に行って本当によかっただろ? 

     いまでもそうだけど、四国に球団がないのは不自然だと思う。あれだけ高校野球が盛んで、まさに『野球県』だから。四国を含めて2チームくらい増やしてもいいと思う。それくらいしか日本球界には話題がないからな(苦笑)。

     大谷翔平がエンゼルス入りしたとき、ファンの目がすべて彼にいってしまった。大谷の活躍は嬉しいけど、寂しさもある。

     もう一度、ファンを取り戻すために、球団を増やすこと、見本になる本物の野球とはどんなものなのかを真剣に考えてもらいたい。それが提言? いやいや、野球を見すぎた俺の遺言だよ(笑)」

    (週刊FLASH 2018年8月21・28日合併号)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180812-00010005-flash-peo

    なんとなく納得
    【なぜ四国に球団がないのか あの辛口解説者が説明】の続きを読む

    このページのトップヘ