常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:野球



    1 pathos ★ :2018/10/23(火) 20:04:38.32 ID:CAP_USER9.net

     案の定、3度目の登板となる原監督の意向が大きく反映された。

     昨22日に発表された巨人のコーチングスタッフ。OBで野球解説者の元木氏、宮本氏、水野氏らが新たに入閣するなど大幅な入れ替えが敢行され、1999年以来となるヘッドコーチを置かない異例の体制となった。

    「プロ野球 球団フロントの戦い」などの著書があるスポーツライターの工藤健策氏がこう言う。「大幅刷新で一見フレッシュなコーチ陣ですが、よく見ると原派といわれる人物ばかり。ヘッドコーチを置かないのは原監督の『決めるのは全部自分』という周囲へ向けた強烈なメッセージでしょう。タレント活動もする宮本氏、元木氏らプロ初指導のコーチが何人もいますから、とても原監督に意見や助言などはできないのではないか。いや、そもそも原監督がそういったものを排除するため、イエスマンばかり集めた印象です。2次政権までは伊原ヘッドのような年上で経験豊富な口うるさいコーチがいたこともありましたが、それが皆無になる。選手だってきついですよ。原監督に嫌われたら終わり。これは危険な組織といえます」

     現場だけではなく、フロントの体制もそうだ。退任した鹿取GMの後任を置かず、球団代表も不在。これは事実上のGMや代表、つまり編成トップが原監督であることを意味するものだ。

     さらには、去る11日付で岡崎スカウト部長が異動。12日付で後任のスカウト部長には長谷川査定室長が兼務となって就任した。長谷川スカウト部長は敏腕で名を馳せるが、東海大相模高から東海大を経てプロ入りした、原監督の息のかかった直系の後輩でもある。

     これで25日に迫ったドラフト戦略も思いのまま。実際、現段階の1位最有力は、今夏の話題をさらった吉田(金足農)ではなく、原監督の強い意向で「二刀流」根尾(大阪桐蔭)に変更されている。

    ■原政権の歴史は「衝突の歴史」

     原政権の歴史は球団との衝突の歴史でもある。

     2次政権では当時の清武球団代表とぶつかり、「清武の乱」といわれる前代未聞の内紛を引き起こした。

    「その清武の乱は2011年にヘッドコーチにOBの江川を招聘しようとした当時の渡辺球団会長に対し、すでに同ポストに岡崎コーチの留任を内定させていた清武代表が反発したのが発端。しかし、江川案のアイデアは原監督が出したもの。この頃『補強』の原監督と『育成』の清武さんの意見が合わず、対立が表面化していた。清武さんが向けた怒りの矛先は、渡辺会長というより原監督だったのです」(チーム関係者) 

     原監督は1次政権時にも、当時の三山球団代表と対立し、わずか2年で辞任に追い込まれている。

     前出の工藤健策氏が続ける。

    「そういう経緯があるから原監督は『全権監督』を選んだのでしょう。そもそも巨人にGMが誕生したのは、補強などの編成面を掌握したかった原監督を牽制する意味合いが強かった。そのGM職が原監督の復帰でなくなった。これでフロントの補強と現場の采配の両方を、原監督が担うという図式が出来上がった。しかし、イエスマンばかりを配すワンマン社長が率いる会社は、だいたい経営が悪化するもの。暴走しても止める人がいないからです。チームの成績が悪ければ、すぐに原全権体制が問題になり、球団や本社とモメる可能性が高いとみています」

     球団とすれば、由伸辞任の緊急事態による監督就任を頼み込んだ経緯があり、原監督の立場が強いということなのだろう。一体同じことを何度繰り返すのか。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181023-00000021-nkgendai-base


    (出典 number.ismcdn.jp)

    結局権力には勝てないのか
    【結局巨人は変わらない! 同じことの繰り返しで勝てばそれで良しの球団】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/23(火) 19:11:02.85 ID:CAP_USER9.net

    日本ハムの斎藤佑樹投手(30)が、千葉・鎌ケ谷の球団施設で自主練習の日々を送っている。
    29日まで行われる同施設での秋季練習には参加せず、宮崎で行われている教育リーグにも参加していないことから、
    一部では「トレード待機なのでは」「引退や戦力外なのか」などの声が噴出している。真相はどうなのか。斎藤本人を直撃した。

    今季の斎藤は前半戦では2試合に先発し0勝1敗。
    それでも後半戦は二軍戦で主に中継ぎとして調整し結果を出し始めると、1日に3度目となる一軍昇格。
    2日の西武戦では1回を無失点に抑える好救援を見せた。
    しかし、CSでは出番がないままチームは終戦。
    そして、その後の斎藤の練習予定が「自主練習」となったため、一部で波紋を呼んでいた。

    トレードなのか、引退なのか…。
    だが、斎藤はそんな噂を一蹴。「そういった理由で自主練習枠に入っているわけじゃないですよ。
    30歳以上の選手は基本的に自主トレというチームの方針になっているんです」と笑顔で明かした。

    現在チームは札幌滞在組、鎌ケ谷滞在組、教育リーグ参加組の3つに分かれているが、札幌では宮西、鶴岡、田中賢、中田、鎌ケ谷では村田ら、
    実際に30歳以上の選手には全体練習への参加が義務付けられていない。
    右ヒジの故障からの実戦復帰のため、30代の投手で唯一教育リーグに派遣されている新垣ら一部選手を除き、この期間はベテラン選手にとっては自主トレ期間となっている。

    とはいえ、早くも「ベテラン枠」の仲間入りとなったことに斎藤自身も感慨深いようで「ベテラン…そうですよね、30歳ですもんね…」と物憂げな表情を浮かべていた。

    そんなベテラン右腕は、この期間を「オフに何をするべきか方向性を見いだす期間」と捉えており、早速新たな取り組みにも挑戦した。

    「前々から試したかったデトックスを、17日から19日までの3日間やったんです。いわゆる断食のようなもので、体の中の毒素を抜くことが目的。
    その間は水と酵素以外、口に入れませんでした。もちろん3日やっただけですぐに今何か効果が出るわけではないですけどね。まずはやってみよう、て感じで」

    どうやら来季に向けて意欲は満々。余計な心配をする必要はなかったようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181023-00000033-tospoweb-base&pos=2
    10/23(火) 16:45配信


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    http://npb.jp/bis/players/01905133.html
    通算成績

    いつ戦力外でもおかしくない成績
    【球界に激震? 斎藤佑樹に戦力外通告?】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/21(日) 06:13:23.90 ID:CAP_USER9.net

    6月に国内フリーエージェント(FA)権の取得条件を満たした中日・吉見が「周りからどういう評価を受けているのか、凄く興味があるのは事実」と現在の心境を明かした。

    今季は20試合で5勝7敗と負け越した一方、防御率3・87。
    クオリティースタート(6回以上投げて自責点3以下)も13度記録するなど安定感は健在だ。
    権利行使については慎重な姿勢で、「まず球団に時間をつくってもらい、日本シリーズ中に話をしたい」と自軍からの評価確認を最優先に挙げた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-00000030-spnannex-base
    10/21(日) 6:00配信


    (出典 dragons-victory.up.seesaa.net)


    http://npb.jp/bis/players/41845112.html
    成績

    安定感とコントロールはずば抜けている
    【中日・吉見が遂に決断? FA宣言なら争奪戦必至か】の続きを読む



    1 ひかり ★ :2018/10/22(月) 16:51:34.09 ID:CAP_USER9.net

     パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第5戦が21日にメットライフドームで行われ、ソフトバンクが西武を6-5で破った。
    4勝2敗(西武のアドバンテージ1勝を含む)として、2年連続の日本シリーズ進出が決定。この大一番で、場内が騒然となるプレーがあった。

     5回。3点を追う西武がソフトバンク先発の高橋礼から、ようやく2点を返して1点差に。さらに、2死から秋山が内野安打で出塁すると、ソフトバンクは
    モイネロを投入した。続く源田への5球目に秋山がスタート。しかし、強肩の捕手・甲斐が二塁に送球し、判定はアウトとなった。

     秋山はその瞬間に両手を広げてセーフの仕草。すると、辻監督が2度目のリクエストを要求した。この試合、西武は2回にも二塁上のプレーでリクエストを
    要求して成功。判定が覆っていた。

     メットライフドームのスクリーンで映像が流されると、西武ファンが大きく沸く。リプレー検証の時間は5分以内と決められているが、このプレーの確認は約10分に渡り、
    場内はざわめいた。そして、結局判定は覆らずにアウトのまま。西武ファンからはブーイングが起こり、メットライフドームは騒然となった。あまりにも
    際どいプレーだった。

     試合後、審判団はこのジャッジについて「確信の持てる映像がなかったので、判定通りとした。5分の制限時間は分かってはいたが、大事な場面だったので、
    何度も何度も確認した」とコメントした。審判団も、このプレーが試合の行方を左右することを理解した上で、慎重に結論を出した。

    Full-Count編集部

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181022-00233244-fullcount-base

    迷ったら判定はそのままで
    【CSでまさかの判定が… 選手、ファンも疑問?】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/20(土) 23:45:45.30 ID:CAP_USER9.net

    MLB公式YouTubeチャンネルが大谷の全アーチ動画を公開
     メジャーリーグに二刀流旋風を巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平投手。
    右肘のケガで投手としては10試合の登板に終わったが打者として22本塁打を放ちア・リーグの新人王候補に名を連ねている。
    MLBの公式YouTubeチャンネルは大谷の全22本塁打のハイライト動画を公開したが、配信から3週間で15万再生を超えと改めて大谷の注目度の高さを示している。

    MLB公式YouTubeチャンネルは「エンゼルスで素晴らしいルーキー・シーズンを送ったショウヘイ・オオタニが放った全22本塁打を振り返る」とタイトルを付け10月1日(日本時間2日)に大谷の22本塁打の動画を公開。

    4月3日(同4日)の本拠地インディアンス戦で放った記念すべき1号、8月25日(同26日)のアストロズ戦で
    サイ・ヤング賞右腕のジャスティン・バーランダーからのバックスクリーンに突き刺した14号2ランなど、どれもが見返したくなるアーチばかりだ。

    勿論、大谷が放った一発で生まれた名フレーズ「ビッグフライ! オオタニサン!」も動画の中では何度も登場している。
    公開から約3週間が経過し15万回再生を超える大反響となっている。コメント欄には米ファンから称賛の声で溢れかえっている。

    「若く、才能があり、ハンサムで、それでいて体格も良い。そしてなによりも彼は性格が良いね」

    「新人王、決まりだ」

    「来季に向けて良い監督を迎えられることを願うよ。このチームが何年も連続でプレーオフ進出から遠ざかるのは、相応しくない」

    「人々は、彼を最初投手として推していたことを忘れている」

    「いともたやすく新人王」

    「怖くなるくらいに素晴らしい」

    「ビッグ・フライ、オオタニサン!」

    「2019年は40発」

    「ほぼ毎回トラウトが一番最初にベンチで迎えているのが好き」

    大谷はシーズン終了と同時に右肘のトミー・ジョン手術を受け来季、打者として復帰するため現在はリハビリに専念。
    打者一本で迎える来シーズンは一体どれだけの成績を残すのか。
    そして何度「ビッグ・フライ! オオタニサン!」の名台詞を聞くことができるのか今から楽しみだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181020-00232125-fullcount-base
    10/20(土) 22:05配信


    (出典 Youtube)



    (出典 number.ismcdn.jp)

    更に進化を遂げてほしい
    【大谷翔平が世界のスーパースターになった瞬間!】の続きを読む

    このページのトップヘ