常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:長嶋茂雄



    1 ひかり ★ :2018/10/01(月) 21:30:52.33 ID:CAP_USER9.net

    【セ・リーグ 巨人―ヤクルト ( 2018年10月1日 神宮 )】 巨人の阿部慎之助内野手(39)が1日、神宮球場で行われたヤクルト戦の7回に
    今季10号アーチ。新人だった2001年から18年連続2桁本塁打を達成し、長嶋茂雄(現巨人終身名誉監督)を抜く球団記録を樹立した。
    入団1年目から連続2桁本塁打のプロ野球記録は清原和博(西武―巨人―オリックス)がマークした21年。

     阿部は「5番・一塁」で先発出場。0―7で迎えた7回、先頭打者として打席に入り、巨人戦7連勝中のヤクルト先発・小川泰弘投手(28)が投じた
    3ボール1ストライクからの5球目、真ん中に入った直球を右翼スタンドへ運んだ。

     阿部の本塁打は9月16日の中日戦(東京D)で左腕・岩瀬から満塁弾を放って以来9試合ぶり。通算では398本目で、400本塁打にあと
    2本としている。

    スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/10/01/kiji/20181001s00001173379000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)

    阿部がスタメンで出ている巨人は強くならない
    【巨人・阿部があの長嶋茂雄の記録を塗り替える大記録を達成!】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/08(土) 17:11:24.49 ID:CAP_USER9.net

    巨人・岡本和真内野手(22)が8日、阪神22回戦(甲子園)に「4番・一塁」で先発出場。
    1点リードの五回二死二塁からバックスクリーン右へ、30号2ランをたたき込んだ。

    雲が覆った甲子園の空に、鮮やかなアーチをかけた。相手先発・小野が投じた144キロの直球を捉え、リードを広げる一発。
    これで、1日の中日戦(ナゴヤドーム)から驚異の4試合連続となり、22歳でシーズン30号に到達した。

    球団で22歳以下のシーズンに30本塁打以上放ったのは、1962年の王貞治、96年の松井秀喜(ともに38本)、2010年の坂本勇人(31本)に次いで4人目。
    ちなみに、長嶋茂雄氏は1958年に29本塁打を放っており、岡本の一発は“ミスター超え”のメモリアルアーチとなった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180908-00000556-sanspo-base
    9/8(土) 15:57配信


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 www.nikkansports.com)


    (出典 portal.st-img.jp)


    https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2018/cl2018090803.html
    試合スコア

    https://baseball.yahoo.co.jp/npb/player/1400101/
    成績


    (出典 Youtube)

    岡本 和真 30号 2ラン ホームラン 2018年9月8日 阪神vs巨人


    (出典 Youtube)

    巨人】ジャイアンツ 岡本和真 応援歌

    マジで覚醒したな
    【ミスター岡本! 長嶋茂雄氏の記録を塗り替えた新4番】の続きを読む



    (出典 baseballking.jp)



    1 MacaronCino ★ :2018/08/23(木) 19:54:25.44 ID:CAP_USER9.net

     入院中のプロ野球・巨人終身名誉監督、長嶋茂雄氏(82)が、11月10日に出身地の佐倉市内で開催される
    「長嶋茂雄少年野球教室」を復帰の舞台としたい意向を示していることが23日、分かった。
    同市の蕨和雄市長が定例会見で明らかにした。

     蕨市長によると、長嶋氏の入院について週刊誌報道があってすぐの今月9日に、蕨市長が励ましの手紙を送った。
    16日になって、長嶋氏が「野球教室にできる限り出席したい」と話していることが、関係者を通じて蕨市長に伝えられたという。

     蕨市長は「胆石が見付かり、黄疸(おうだん)になってしまったが、今は治って食欲も出て、回復に向かっていると聞いている」と語り、元気な姿を見せてくれるよう期待した。

    ・以下ソース: 千葉日報 8月23日
    https://www.chibanippo.co.jp/news/local/525665

    もう82か
    【長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督の復帰は地元を愛する気持ちからこの日に決定】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/08/15(水) 10:04:22.23 ID:CAP_USER9.net

    長嶋茂雄・巨人軍終身名誉監督(82)の緊急入院を8月8日、一部スポーツ紙が報じた。
    天下のミスタージャイアンツといえど、寄る年波には勝てずの御年82歳。
    検索エンジンの関連検索ワードには「死去」の不謹慎な文字が現れ、口さがないSNSや掲示板では「Xデー」までもが囁かれるほど、心配と関心が広がっている。

    長嶋氏は7月初旬、体調がすぐれず検査を受けたところ、胆石が見つかり急遽入院。
    現在は食事もとれるほどに回復し、本人から「今は静養に努めながら、昼は高校野球、夜は巨人戦をテレビ観戦しています」とのコメントも出ている。
    だが、『女性セブン』(8月10日発売/小学館)の報道では、「7月中旬に黄疸の症状が出ていた」ともされ、高熱と我慢できない腹痛に襲われ
    「8月上旬の時点では一進一退」だと伝えられる。また、別のスポーツ紙は「面会謝絶」との目撃情報も報じられており、病状の深刻さは隠せない。

    そんな中、長嶋氏は「2020年 東京五輪の聖火ランナーを務めたい」との目標を持ちながら、静養に励んでいるという。
    昨年末、元SMAP中居正広(45)と共演した『長嶋さんと中居くん』(テレビ朝日)でも語られた、「聖火ランナー」への情熱。
    果てしない野球愛と、さらに故・亜希子夫人との出会った東京五輪への思い入れがミスターを突き動かしているに違いない。

    ■遺産放棄した一茂、30億円不動産を管理する三奈、それでも尽きない遺恨

    だが、そんなミスターの思いとは裏腹に、骨肉の確執が影を落としているのだという。

    「今回の入院では、病室に”一茂(52)が姿を見せない”ことが、マスコミ関係者の間でちょっとした話題になっています。
    バラエティ番組での忙しさはあるかもしれませんが、
    一茂は結婚後、一人暮らしを続ける父の元を子供と頻繁に訪れる様子を目撃されている。
    なのに病室に一度も顔を出せないのは、病室に付きっきりの次女の三奈(50)との確執がまだ解けていないことに原因があると見られています」(スポーツ紙記者)

    長男・一茂と次女・三奈の確執は2009年、一茂が一茂が福井県の資産家に「長嶋家ゆかりの品々」が売却されたという騒動に始まる。
    長嶋家の資産管理は故・亜希子夫人が代表を務める個人事務所『オフィスエヌ』が行っていた。
    それを一茂が勝手に持ち出したのだ。この時の額は「軽く億は超えている」(前出記者)という。
    さらにその後、一茂の『ナガシマ企画』が『長嶋茂雄』の商標登録を申請したことも明らかになり、三奈が激怒したのだ。

    その後、三奈が『オフィスエヌ』の社長に就任し、30億円以上とも言われる不動産を管理することに。
    一茂は「三奈とこれ以上争いたくない」と遺産放棄を宣言して、一応の決着をみた。
    だが、この骨肉の確執は消えることなく「顔を合わせられない」(週刊誌記者)ほどの遺恨となっていたようだ。

    2020年の東京五輪まであと2年。奇跡を起こす男・ミスターが体力を取り戻し、聖火ランナーとして元気な姿を見せてくれることを祈りたい。
    また、その時にミスターのそばに一茂と三奈の姿が揃ってあることを願う。

    http://dailynewsonline.jp/article/1501937/
    2018.08.15 09:55 デイリーニュースオンライン


    (出典 i1.wp.com)

    ミスター頑張れ
    【長嶋茂雄氏の入院は精神的に追い込まれたからなのか】の続きを読む



    (出典 www.chibanippo.co.jp)



    1 豆次郎 ★ :2018/08/08(水) 19:40:24.47 ID:CAP_USER9.net

    8/8(水) 19:36配信
    長嶋茂雄氏が入院

     巨人長嶋茂雄終身名誉監督(82)が8日、入院していることが分かった。

     球団によると、同監督のご家族は「体調が優れずに7月初旬に大事を取って入院しました。検査で胆石が見つかったため、入院したまま治療を続けています。体力が落ちた時期もありましたが、現在は食事も普通に摂って快方に向かっております」と現状を説明しているという。

     同監督は球団を通し「大変ご心配をお掛けしました。おかげさまで回復しています。今は静養に努めながら、昼は高校野球、夜は巨人戦をテレビ観戦しています。山口俊投手のノーヒット・ノーランには心が震えました。内海、吉川光、メルセデスの左腕3投手による(7月31日、8月1日、同2日)対DeNA戦3連勝には元気をもらいました。チームは苦しい状況ではありますが、優勝をあきらめずに最後まで頑張ってほしいと思います」とメッセージを送った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00293542-nksports-base


    お見舞い凄そう
    【長嶋茂雄読売巨人軍終身名誉監督の体に異変】の続きを読む

    このページのトップヘ