常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:阿部慎之助



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/20(土) 09:37:49.32 ID:CAP_USER9.net

    ◇セ・リーグCSファイナルS第3戦 巨人1―5広島(2018年10月19日 マツダ)

    巨人チーム最年長43歳の上原と、野手最年長39歳の阿部は現役続行の見通しとなった。

    上原は今季14ホールドを挙げ、史上初の日米通算100勝100セーブ100ホールドを達成。
    試合後は「自分の体をしっかり治して、これからどうするか決めていきたい」と話すにとどめた。
    阿部はプロ入りから18年連続2桁の11本塁打をマーク。
    球団では王貞治、長嶋茂雄しかいない通算400本塁打にあと1本に迫っている。CSで敗退し「来年必ずやり返す気持ち」と見据えた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181020-00000066-spnannex-base
    10/20(土) 6:45配信


    (出典 bunshun.ismcdn.jp)



    (出典 image.dailynewsonline.jp)

    嬉しいとも言い難い
    【巨人の大ベテラン2選手の去就が決定!】の続きを読む



    1 ひかり ★ :2018/10/01(月) 21:30:52.33 ID:CAP_USER9.net

    【セ・リーグ 巨人―ヤクルト ( 2018年10月1日 神宮 )】 巨人の阿部慎之助内野手(39)が1日、神宮球場で行われたヤクルト戦の7回に
    今季10号アーチ。新人だった2001年から18年連続2桁本塁打を達成し、長嶋茂雄(現巨人終身名誉監督)を抜く球団記録を樹立した。
    入団1年目から連続2桁本塁打のプロ野球記録は清原和博(西武―巨人―オリックス)がマークした21年。

     阿部は「5番・一塁」で先発出場。0―7で迎えた7回、先頭打者として打席に入り、巨人戦7連勝中のヤクルト先発・小川泰弘投手(28)が投じた
    3ボール1ストライクからの5球目、真ん中に入った直球を右翼スタンドへ運んだ。

     阿部の本塁打は9月16日の中日戦(東京D)で左腕・岩瀬から満塁弾を放って以来9試合ぶり。通算では398本目で、400本塁打にあと
    2本としている。

    スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/10/01/kiji/20181001s00001173379000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)

    阿部がスタメンで出ている巨人は強くならない
    【巨人・阿部があの長嶋茂雄の記録を塗り替える大記録を達成!】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/05(水) 11:35:10.61 ID:CAP_USER9.net

    巨人の畠世周投手(24)が、シーズン終盤で1軍の最終兵器として昇格する可能性が4日、浮上した。
    2月のキャンプ中に腰痛で離脱し、8月に3軍で実戦復帰。今月2日の3軍の試合で自己最速156キロを記録した。
    今週末のイースタン・西武戦(7~9日・G球場)で1年ぶりに公式戦登板する方向で調整中。
    今後の起用法は1軍首脳陣が慎重に検討するが、先発でも救援でも貴重な戦力になることは間違いない。

    軽快な動きが体調の良さを物語っていた。畠はこの日、今季初めて3軍から2軍に正式合流。
    台風21号による風雨の影響によりG球場室内で練習となったが、明るい表情でノックを受けた。
    約半年という長いリハビリ期間、「早く戻れるように頑張ります」と話してきた2年目右腕にとって待望の昇格。
    目標とする今季中の1軍復帰へ、階段を上がった。

    1年目の昨季はシーズン後半から先発に定着して6勝4敗、防御率2・99の好成績を残した。
    飛躍が期待された今季は2月のキャンプ1軍スタート。
    「自分は不器用なので」と連日ブルペンで投げ込み、感覚を磨いた。
    松井秀喜臨時コーチが左打席に立つ中での投球練習では内角をえぐり、松井さんから「直球に力あるなと感じました」とお墨付きをもらった。
    順調に見えたが、腰痛のため2月中旬に離脱。3軍に合流した。

    当時の球団発表は「急性腰痛」だったが、思ったよりも症状が長引いた。全力投球できないもどかしさの中でも前を向き、できるトレーニングを積み重ねてきた。
    投球フォームのバランスもじっくり見直した。

    地道な努力はパワーアップにつながった。8月11日の3軍・東農大北海道戦(釧路)で離脱後初実戦に臨みリリーフで2回無失点。
    その後、3軍戦に2度先発し4回54球、6回89球と段階を踏んだ。衝撃が走ったのは復帰後4度目の登板となった今月2日の四国IL・徳島戦(JAバンク徳島)。
    先発で、これまでの自己最速を1キロ更新する156キロを計測。150キロ以上を連発して5回1安打7奪三振無失点。2軍昇格が決まった。

    今週の2軍は5、6日が練習日で週末の7日から西武3連戦(G球場)。首脳陣はこのカードで、畠の今季公式戦初登板を検討している。
    登板日やイニング数は慎重に判断するようだが、2軍戦の内容や状態が良ければ、シーズン終盤の1軍昇格も視野に入ってくる。
    チームはマシソン、カミネロが故障で離脱。山口俊が先発から抑えに配置転換となった。由伸監督は「いろいろやっていかないといけないと思っている」と常に最善策を模索。
    畠の起用法は今後の状況次第になってくるが、先発候補であると同時に、最速156キロの球威は魅力的でリリーフの可能性もありそうだ。
    1軍は残り19試合。CS争い、その先の短期決戦へ―。畠が切り札として加わればさらに層が厚くなる。

    ◆昨年の畠 入団前の右肘手術の影響もあり7月に1軍デビュー。
    2戦目の同19日中日戦(ナゴヤD)で8回途中2失点でプロ初勝利。
    8月下旬からは3登板連続で7イニング以上投げて3連勝を飾り、斎藤投手コーチから菅野、マイコラス、田口との「4本柱」と称された。13登板で6勝4敗、防御率2・99。2ケタ奪三振を2度マークした。

    ◆今季の畠

     ▽2月4日 宮崎1軍キャンプ初日から4日連続ブルペン入り。

     ▽同12日 紅白戦に先発して2回4安打3失点。

     ▽同15日 腰痛のため3軍キャンプ合流。リハビリ開始。

     ▽4月24日 G球場でブルペン投球再開。軽めに40球。

     ▽8月8日 G球場で離脱後初のシート打撃登板。打者5人に27球。最速148キロ。

     ▽同11日 3軍・東農大北海道戦(釧路)で実戦復帰。2回36球1安打3奪三振無失点。

     ▽同19日 日本ウェルネススポーツ大学戦(G球場)で先発。4回54球2安打7奪三振1失点。

     ▽同26日 BC・石川戦(金沢市民)で先発。6回89球2安打5奪三振1失点。

     ▽9月2日 四国IL・徳島戦(徳島)で5回55球1安打7奪三振無失点。6つが空振り三振。

    ◆畠 世周(はたけ・せいしゅう)1994年5月31日、広島・呉市生まれ。24歳。川尻中では軟式野球部でプレー。
    近大福山高ではエースとして3年夏の広島大会で16強。近大では3年秋に3試合連続完封を記録。16年ドラフト2位で巨人入り。
    「世周」の由来は「世の中が自分の良い方に回るように」という意味が込められている。186センチ、78キロ。右投左打。年俸2400万円。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180905-00000023-sph-base
    9/5(水) 6:19配信

    阿部慎之助が太鼓判を押す右腕
    【巨人期待の2年目 畠世周、腰痛で出遅れるもCSに間に合いそうだ!】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2018/08/12(日) 18:03:51.80 ID:CAP_USER9.net

    3年前に就任した高橋監督。初年度は2位だったが昨年は4位と低迷。今季も首位・広島には10ゲームほど差をつけられている

    (出典 image.news.livedoor.com)


    3回目の原辰徳か、現役引退させて阿部慎之助か、松井秀喜が出てくるか

    3年前に就任した高橋監督。初年度は2位だったが昨年は4位と低迷。今季も首位・広島には10ゲームほど差をつけられている

    「高橋由伸監督は経験不足です。失敗を恐れて自分から動かない。キチンと選手とコミュニケーションをとっているようにも見えません。当然、巨人のフロントでは次期監督の話も出ているでしょう」

     野球評論家の江本孟紀氏が語る。

     今季の巨人はボロボロだ。7月22日に6点差をひっくり返され広島に逆転負けすると、早くも自力優勝の可能性が消滅。抑えのマシソンや上原浩治が相次いで二軍落ちし、Aクラス死守も危うい。

    「ベンチの雰囲気も最悪です。疲れの見える投手陣は、強肩の小林(誠司)に正捕手をやってもらいたい。その小林は村田真一ヘッドコーチと仲が悪く、干され気味なんです。村田さんは従順な選手を好みますが、小林は指導に納得いかなければ『ボクにはボクのやり方がありますから』と反発しますからね。本来なら高橋監督がうまくとり持つべきですが、コーチ陣に任せきりで口を出さないんです」(スポーツ紙巨人担当記者)

     高橋監督の任期は今季で終了する。2年連続Bクラスとなれば、再契約の可能性は低い。となれば、次期監督は誰になるのだろうか。前出の江本氏は、原辰徳氏の3度目の就任に期待する。

    「高橋監督と違って動きが早い。ピンチの時には自らマウンドに向かい、投手に発破をかける行動力があります」

     原氏は選手からの人気も高い。だが球団幹部との関係がかんばしくない。

    「GMの鹿取(義隆)さんと仲が良くないんです。原さんは最初の監督就任時(’01年)、自ら動いてヘッドコーチに招聘(しょうへい)した鹿取さんと、選手の起用法などで対立。鹿取さんはブルペン担当コーチに配置転換となり、’03年にシーズン終了を待たず退団したんです」(前出・記者)

     元巨人の投手で評論家の高橋善正氏は、阿部慎之助をおす。

    「若返りを図るなら阿部でしょう。巨人の現役選手では実績もバツグンです」

     阿部は来季40歳と、監督としてもフレッシュだ。欠点は人望のなさだろう。

    「一時期キャッチャー陣を厳しく指導し続けて、若手を萎縮させました。3年前まで長野(久義)や坂本(勇人)らとグアムで行っていた自主トレを単独でやるようになったのは、細かい練習法にまで口を出す阿部が愛想をつかされたからですよ」(巨人軍球団関係者)

     実力や実績があるにもかかわらず、自身の問題で監督候補のリストから外れそうな原と阿部。そこで急浮上してくるのが、あの人――。松井秀喜氏だ。

    「松井さんはヤンキースに移籍してから、日本の報道陣に追いかけられないニューヨークの生活に満足しています。巨人は春のキャンプで臨時コーチに招いたり、松井さんの野球教室にジャイアンツ球場(神奈川県川崎市)を自由に使わせるなど優遇していますが、帰国に前向きではないようです」(前出・球団関係者)

     監督就任の可能性はゼロなのだろうか。

    「松井さんは子どもが赤ん坊のうちは、住み慣れたニューヨークを離れたくないと言っています。長男は来年6歳。小学校に上がる年齢です。尊敬する長嶋茂雄さんが説得し続ければ、来季の監督就任も夢ではないかもしれません」(同前)

     はたしてゴジラは、弱い巨人軍を救うべく立ち上がるだろうか。


    2期12年にわたり監督を経験した原氏。日本一にも3度輝いている

    阿部は一塁のポジションを4年目の岡本和真に奪われ出場機会が減っている

    7月13日に京セラドームで行われた野球殿堂入り表彰式での松井氏

    2018年8月12日 7時0分
    FRIDAYデジタル
    http://news.livedoor.com/article/detail/15148048/

    原だな
    【次期巨人監督にあの大物の名前も 3人に絞られた模様】の続きを読む

    このページのトップヘ