(出典 www.sankei.com)



1 ひかり ★ :2018/07/27(金) 17:19:38.79 ID:CAP_USER9.net

 巨人は27日、上原浩治投手の出場選手登録を抹消した。

 上原は開幕直前に大リーグから復帰。ここまで1軍に帯同し、28試合に登板して0勝5敗、防御率4・33だった。ここ2試合、
22日の広島戦と26日のヤクルト戦ではいずれも敗戦投手となっていた。

 開幕直後の4月10日、15日も登板2戦連続で炎上。状態が不安視されたが、この時は1軍に帯同したまま再調整した。その後は
抑えを務めていたカミネロが2軍降格になるなど、リリーフ陣の層が手薄となり、上原が再び勝ちパターンに昇格。今月20日の広島戦では
日本選手として初めて「日米通算100勝、100セーブ、100ホールド」を達成したが、その後は2試合連続で役割を果たせなかった。

 ルーキーの若林晃弘内野手も登録を外れ、代わりに中継ぎ要員として宮国椋丞投手と池田駿投手が昇格した。

デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180727-00000100-dal-base


ストレートに力がない
【巨人上原はもう限界か 全盛期の輝きはなし】の続きを読む