常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:高校球児



    1 shake it off ★ :2018/09/02(日) 17:37:01.70 ID:CAP_USER9.net

    今年も大いに盛り上がった夏の甲子園大会。惜しくも準優勝だったが、秋田県勢としては実に103年ぶりに決勝に進出した県立金足農業高校の活躍が話題を呼び、同校の不動のエース・吉田輝星投手(三年)の人気もうなぎのぼりだ。
    大会終了後、ネット上で話題となったのが、この吉田投手が「ツイッター」にアカウントを開設した、ということだ。スポーツ紙記者が振り返る。

    「学校によっては球児に“SNS禁止令”を出しているところもありますが、やはり若者。SNSで独自に心情を吐露している子もいて、記者は逐一チェックしています。吉田投手がツイッターを開始したとなれば大ニュース。最初は“成りすましか”とも言われていましたが、どうやら本当だったようです」(スポーツ紙記者)

     開設後数時間で、数万のフォロワーがついた吉田投手のツイッターアカウントだったが、その日のうちに投稿はすべて削除され、「やめます」という宣言のみ残された。金足農業の田の選手によるツイッターアカウントも存在していたが、すべて同日に投稿が削除されている。

     アカウントを開設してすぐに削除といった慌ただしい動きの裏には、どういった事情があったのか? 吉田投手が個人的に「世間にお礼を言いたかった」ため、との見方もあるが、さる高校野球関係者は、そこに高校球児を狙った「プロ彼女」ともいうべき人々の存在が関係しているのではないかと指摘する。

    「高校球児はとにかくモテます。甲子園期間中、選手の宿舎の周りにはたくさんのおっかけ女性ファンが待っていて、選手の出入り時にプレゼントを渡したり手紙を渡したりする。
    最近ではSNSで懇意の選手を見つけ、メッセージを送ったりする女性もいるほど。マスコミの取材や慣れない声援を受けて選手が舞い上がらないよう気を付けている教員側からするといい迷惑なんですが……」(高校野球関係者)

     高校野球関係者から見た「プロ彼女」とは、たいてい選手たちより少し年上の女性たちだ。何年も続けて高校球児たちを追いかけているので、高校生男子の好奇心につけこんで選手と直接、コンタクトをとり、関係をもつほど親密になる術をよく心得ている。同世代の中では大人っぽくみえる甲子園球児だが、経験を積んだ彼女たちの手にかかれば、たいていは思い通りに操られてしまう。人生を左右するかもしれない大切な決断をくだす時期に、誰かに簡単にコントロールされる状況におかれるのは、望ましいことではない。だから、彼女たちが接触しづらいように関係者は常に配慮している。

     そういった配慮のひとつとして、高校球児に「変な虫」が付かぬよう、選手たちにはSNS禁止令を出している学校もある。吉田投手に関しても、関係者が吉田投手にSNSの自制を促したのでは? という見方である。もちろん、SNSを利用していたがために他の無用なトラブルに晒される危険性だってある。

     たとえば、同級生の交際相手と撮った写真を過去にアップしていれば、その名前、住所といった情報があっという間に特定される。もし、過去に掲載した写真にたばこや酒が写っていようものなら、それがたとえ本人のものではなくとも、学校などへ「通報」され、大きな騒動になってしまう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180902-00000020-pseven-spo&p=2

    こういう女居るよな
    【高校球児達が今、ある者達に狙われている! その正体とは…】の続きを読む



    1 しじみ ★ :2018/08/22(水) 15:18:48.74 ID:CAP_USER9.net

    夏の甲子園は、今回で第100回という大きな節目を迎えた。大会第3日第4試合では18年ぶりに出場した益田東が常葉大菊川に悔しい逆転負けを喫した。

     益田東は過去3度に続いて、またも勝って校歌を歌うという目標は達成できずに甲子園を去った。

    「常葉大菊川(静岡)といえば常連校。島根の公立校が良くがんばったじゃないか」なんて声も聞こえてきたが、益田東は私立校である。古くは倉吉北、今でも花巻東や上田西など公立っぽい校名の私立校は全国にある。新しいところでは今夏に奈良大付が初出場したが、これも「国立大付属」ではない。

     益田東に話を戻すと、地方大会のベンチ入りメンバー20人全員が県外出身者。17人が大阪で、残りが京都、兵庫、福岡。大庭敏文監督も大阪出身で、ベンチでは関西弁が飛び交い、島根県どころか中国地方出身者も見当たらない。

     古くからの甲子園ファンが忌み嫌う「外人部隊」。他県から越境入学した選手が多数派の学校のことを指す。

     記憶に新しいところでは大阪にある全国屈指の強豪ボーイズリーグの選手をほぼチームごと勧誘し、強化した秀岳館(熊本)。こうした学校や選手はなぜ批判にさらされるのか。何が問題なのか……。

    ■他県の強豪に進んだ選手の多くが……。

     腕にそれなりに覚えのある15歳で、他県の強豪から勧誘されたらどうするか? 筆者はそんな妄想をするが、答えはすぐに出る。「地元の高校で甲子園を目指す」。

     理由もある。へたれの自分では、親元を離れ厳しい寮生活を生き抜く自信がない。それもあるが、たくさんのプロ野球選手を取材してきた経験から、地元に進学した選手は引退後も「帰省すれば当時の仲間と集まる」と話すが、地方の強豪に進んだ選手の多くは卒業が、その街どころか仲間との縁の切れ目となっているからだ。

     恩師が退任でもすれば、母校が甲子園に出場しても差し入れをすることもないようだ。彼らにとって甲子園は途中の停車駅であって、最終目的地はプロである。だから「二度とあの時代にだけは戻りたくない」と口をそろえる厳しい3年間を耐えられる。

    ■プロを目指す「環境」を選ぶ選手と親。

     甲子園に出て大学に進み、ドラフト指名という未来予想図を実現するための「環境」を選ぶのが選手と親。有望な選手を集め、甲子園に出ることで知名度を上げたいのが学校。両者の間にはスカウトはもちろん、ブローカーまがいの人物が介在することもある。

     筆者は某有名校のスカウトを取材したことがあるが、学校の正規職員ではなく、安定した収入は得ていなかった。それでも有力選手がいると聞けば日参し、勧誘し、必要とあらば練習見学に連れて行く。

     しかし、その選手の才能が豊かであるほど、ライバルも多い。甘言を弄したり、その高校OBのプロ野球選手のグッズを手渡したり……。そこまでやっても入学の保証はない。そして、頭を下げてきてもらった特待生に限って、伸び悩んだり故障で思ったような活躍ができなかったりするのだ。

     そういうとき、家族や本人は例外なく「こんなはずじゃなかった。選んだ学校が間違いだった」と責任を転嫁する。これは実社会でもそうだと思うが、頭を下げられて入ってやった人材より、そこに入りたくてやってきた人材の方が絶対に役に立つ。自らの責任で選択した人生には、たとえ逆境に陥っても立ち向かう強さがあるからだ。


    (出典 number.ismcdn.jp)




    続きはソースで
    http://number.bunshun.jp/articles/-/831580

    ★1が立った日付2018/08/22(水) 11:24:17.33
    前スレhttps://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1534910108/

    小さいな
    【県外出身の選手はよそ者扱い? 美しくない現状】の続きを読む



    (出典 www.sakigake.jp)



    1 影のたけし軍団ρ ★ :2018/08/22(水) 10:09:35.34 ID:CAP_USER9.net

    第100回全国高校野球選手権大会で大阪桐蔭(北大阪)が金足農(秋田)を破り、
    史上初となる2度目の春夏連覇を達成した決勝戦(21日)を生中継したNHK総合の放送
    (後1・50)の平均視聴率が20・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが22日、分かった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180822-00000081-spnannex-ent

    秋田の視聴率が知りたい
    【日本中が沸いた100回記念大会決勝戦 気になる視聴率は?】の続きを読む



    1 しじみ ★ :2018/08/20(月) 17:59:22.10 ID:CAP_USER9.net

     タイブレーク制の導入により、延長戦のドラマは新時代を迎えた。100回大会では「佐久長聖-旭川大高」「星稜-済美」の2試合で実施され、特に済美戦は逆転サヨナラ満塁本塁打で決着がついたため、大きな反響を呼んだ。延長13回から無死一、二塁でスタートする新ルールは、今年のセンバツから採用。全国大会では今夏に初めて行われたが、日本高野連には「新しい魅力が生まれた」「無死一、二塁でやらせるのは、投手に酷だ」という賛否の意見が寄せられたという。是非の議論は回数を重ねるごとに薄れていくだろう。これからはタイブレークの戦術に注目が集まっていくと思われる。

     今夏の地方大会では、約3700試合のうち、35試合がタイブレークで決着がついた。1%に満たない確率だ。勝敗の内訳は先攻13勝、後攻22勝。特に先攻が1点だけで逃げ切った試合が2例しかない。データを見れば、「後攻有利説」が浮かび上がる。

     済美は13回表に2点を失った。中矢太監督(44)はその時の心境を語る。「2点で済んだか、と思った。2点以内なら、あの作戦だと思った」。裏の攻撃は9番政吉から。セーフティーバントが得意。送りバントでも最悪、同点を狙える。内野安打で無死満塁という最高の結果に。そこから満塁本塁打が飛び出した。3点差以上なら、強攻策が頭にあった。タイブレーク導入が決定した際には、「後攻は後手になる。先攻が有利じゃないか」という意見が監督間では多かったという。しかし実際には2点差なら、後攻の心理的重圧は想像よりも軽いようだ。

     「もう先攻は取りたくないですよ」。そう苦笑するのは、島田商の池田新之介監督(41)だ。静岡大会準々決勝で静岡市立と対戦。先攻だった。タイブレークの13回表に9番打者のスクイズで1点を取ったが、追いつかれ、14回に5点。裏にまたも追い上げられたが、1点差で逃げ切った。「(13回の)1点では苦しいなと思った。後攻は相手の得点を見て、作戦を取れる。打順にもよるが、先攻はとにかく突っ走って、点を取るしかない」。実は練習試合と公式戦で2度、タイブレークを経験していた。いずれも先攻で敗れた。3度目の先攻では勝ったが、「間違いなく、後攻が有利と感じた」と語る。

     「後攻有利説」について、日本高野連の竹中雅彦事務局長に聞いた。過去の資料を分析済みで「(有利不利は)ほとんど変わらない。データはそのうち、落ち着くと思う」と話した。佐久長聖は14回表の1点を守りきった。今後は5割の確率へと近づいていくのだろうか。タイブレーク開始時の無死一、二塁という設定には、「バントしない学校もある。機動力を生*チームもあるだろう。高校野球にはいろんな特色のチームがある。その特性を生*ため」(同事務局長)という考えがある。導入のきっかけは、選手の体調を考慮してのもの。日本高野連は現行方式のタイブレークを継続する方針だ。人為的に作られた状況で、今後、どんなドラマが生まれるのか。100回大会の夏が、歴史の始まりだ。


    (出典 www.nikkansports.com)


    https://www.nikkansports.com/baseball/column/kunikarakoko/news/201808200000346.html

    先行のセオリーはまず送りバント
    【タイブレーク制導入で高校球児の本音が明らかに】の続きを読む



    (出典 gendai.ismedia.jp)



    1 影のたけし軍団ρ ★ :2018/08/20(月) 19:22:58.06 ID:CAP_USER9.net

    全国高校野球選手権大会が第100回を迎えたことを記念し、夏の甲子園でみなさんの心に残る試合を投票で選んだ「甲子園ベストゲームファイナル」。

    総投票数は41万2513票でした。

    昨年実施した「甲子園ベストゲーム47」で各都道府県の1位に選ばれた試合に99回大会の2試合を加えた中から
    「究極のベストゲーム」に輝いたのは、4万2559票を集めた1998年の第80回記念大会準々決勝、横浜(東神奈川)―PL学園(南大阪)。
    延長十七回の熱闘でした。

    「平成の怪物」松坂大輔投手は、今もプロ野球中日で活躍しています。松坂投手は投票結果について、
    「多くの人に強く記憶されているのは戦った選手としてはうれしいですね。自分の野球人生でも記憶に残る試合です」と喜んでいました。

    2位は4万2380票を集めた2009年の第91回大会決勝、日本文理(新潟)―中京大中京(愛知)。
    日本文理が九回2死から猛追した試合でした。

    3位は4万1733票を集めた第88回大会決勝、早稲田実(西東京)―駒大苫小牧(南北海道)。
    斎藤佑樹と田中将大が延長十五回を投げ合った試合でした。


    投票 甲子園ベストゲームファイナル結果

    1位 横浜9―7PL学園(1998年)42559票
    延長十七回の名勝負。横浜はエース松坂が序盤に失点するも、全員野球で追いつき、最後は常盤の2ランで好敵手を振り切る。

    2位 日本文理9―10中京大中京(2009年)42380票
    日本文理は九回2死走者なしから見事な猛追で5点を挙げ、1点差まで迫った。最後のアウトも強烈な三直だった。

    3位 駒大苫小牧1―1早稲田実(2006年)41733票
    互いに八回の1点ずつ。早稲田実・斎藤は完投、三回途中から救援の駒大苫小牧・田中も力投。決勝再試合は早実が勝利。
    https://www.asahi.com/articles/ASL8M51Z5L8MUEHF005.html

    感動しました
    【甲子園ベストゲームランキング! 1位は納得の…】の続きを読む

    このページのトップヘ