常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:高校球児



    1 3倍理論 ★ :2018/07/04(水) 20:28:55.66 ID:CAP_USER9.net

    2015年の夏。龍谷(佐賀)の1年、松田優実さんは甲子園のアルプス席にいた。ベンチにいる記録員の先輩がまぶしかった。

     中学はソフトボール部。4番打者として活躍した。「甲子園に行きたい」と合格した公立校を蹴って龍谷へ進み、迷わず野球部のマネジャーに。その年、チームは佐賀代表になった。

     だが翌年、2年夏の佐賀大会中に部員の喫煙が発覚した。準決勝に進んでいたが、出場を辞退。1カ月間の自粛中は「何でこんなことに」と思いながら草むしりや清掃に明け暮れた。

     一部の選手はやる気をなくし、練習中でも鬼ごっこをしたり、おしゃべりしたり。「自分は力になれていない」。悔しさを抑えきれなくなり、2年生の20人ほどを集め言った。「何しよると。支えてくれる人たちに恩返ししようと思わないの」。泣きながら訴えた。

     迎えた最後の夏。初戦は強豪の佐賀商だった。延長までもつれたが、サヨナラ負け。それでも「あきらめずに戦ってくれた。甲子園でスコアをつけることはできなかったが、このチームでよかった」と思った。

     当時の主将、矢野駿典さん(19)は「優実が僕にカツを入れてくれ、チームをまとめることができた。優実も最後まで僕らと一緒に戦ってくれた」と言う。

     松田さんは今、19歳。大学1年生で、佐賀からも野球からも離れている。今回、矢野さんの思いを初めて知り、「一方的に仲間だと思っていたけど、あっちも仲間と思ってくれてたんだ。率直にうれしいです」。(角詠之)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00000102-asahi-spo


    【マネージャーが涙の訴え 部員の喫煙発覚で…】の続きを読む



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/07/01(日) 12:04:18.92 ID:CAP_USER9.net

     今夏で100回の節目を迎え注目される全国高校野球選手権京都大会、滋賀大会で、少子化や子供の野球離れの影響で部員不足に悩むチームが相次いでいる。京都では部員不足のために2校が出場辞退、滋賀は辞退校はないものの連合チームでの出場や学校統合により、過去20年で最少となる50チームの参加となる。
     京都大会は加盟77校のうち、選手3人の久美浜と農芸が出場を取りやめた。新入部員は久美浜が0人、農芸は1人にとどまった。

     久美浜は今春の府大会は加悦谷・須知との連合で出場した。今大会は両校が単独出場する一方で、久美浜は断念。試合には出ないが、8日にわかさスタジアム京都で行われる100回記念の始球式に3年生バッテリーが参加する。川端茂大監督は「辞退は残念だが、記念大会に関われて良かった」と話す。

     滋賀大会は、部員不足のため石部・信楽・甲南、能登川・長浜農が連合チームとして出場する。昨年まで夏は単独参加してきた甲南が部員4人で連合に加わったため、今回の参加チーム数は前回より1減の50(53校)に。1998年の第80回大会と同数になった。

     4年前に夏は初となる連合チーム(石部・信楽)が誕生し、能登川と長浜農も2年前から連合を組む。近年は2件の学校統合があったこともあり、2009年から3年間続いた最多の54チームから減少傾向が続いている。県高野連の梅本剛雄会長は「より魅力のある高校野球にしていかないと」と語る。

     また、京都では選手数がベンチ入り20人に満たない学校が久美浜と農芸を含んで18校もあった。府高野連の燧土勝徳会長(龍谷大平安高副校長)は「秋以降、さらに部員不足の学校が出るのではないか。野球の魅力をもっと広く伝えないと」と危機感を示す。

    7/1(日) 10:25配信 京都新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180701-00000007-kyt-spo


    【京都・滋賀で大問題 野球人口減少で出場辞退も】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2018/07/01(日) 18:05:42.54 ID:CAP_USER9.net

    日中の最高気温が36度8分を観測した福島県伊達市では、練習試合をしていた高校の野球部員とマネージャーの合わせて5人が熱中症の症状を訴え、病院に搬送されました。

    消防によりますと、1日午後2時半すぎから福島県伊達市の保原総合公園にある野球場で、高校生が熱中症の症状を訴え、救急が駆けつけて病院に搬送しました。

    この球場では2つの高校の野球部がけさから練習試合を行い、午前中に男子部員1人が、午後に男子部員1人と女子マネージャー3人の合わせて5人が熱中症の症状を訴えたということです。

    5人はいずれも意識があり、症状は回復しているということです。

    高校の野球部の監督は「試合中はイニングごとに水分補給をするなど熱中症の対策をしていた。こういう状況になり驚いている」と話していました。

    伊達市では1日午後3時半前に全国で2番目に高い36度8分の最高気温を観測していました。

    2018年7月1日 17時38分
    NHK NEWS WEB
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180701/k10011503631000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003


    【福島の高校球児が熱中症で病院に緊急搬送 36.8℃の猛暑日】の続きを読む



    1 nita ★ :2018/06/29(金) 16:23:07.04 ID:CAP_USER9.net

    6/29(金) 16:05配信
    朝日新聞デジタル

     日本高校野球連盟は29日、今年度の加盟校数、部員数調査(5月末現在)の結果を発表した。硬式部員数は昨年度から8389人減って15万3184人だった。減少は4年連続で、16万人を割ったのは2003年度以来、15年ぶり。加盟校は18校減の3971校だった。

     1年生(新入部員)は5万413人で、1982年の調査開始以来、初めて2年生部員(5万538人)を下回った。新入部員が進級して3年生になった時に部に残っている割合を示す継続率は91%で、15年連続で増加。

     軟式部員数は昨年度から548人減って8755人となり、加盟校数も8校減の428校になった。


    都道府県 加盟校 部員 増減 

    北海道 223 6341 -458 

    青森 66 2116 -199 

    岩手 72 2302 -148 

    秋田 48 1782 -121 

    山形 49 1758 -137 

    宮城 73 2583 -153 

    福島 83 2745 -137 

    茨城 105 3631 -232 

    栃木 63 2242 -133 

    群馬 69 2712 -154 

    埼玉 165 6898 -148 

    千葉 172 6931 -405 

    東京 273 10355 -386 

    神奈川 194 7498 -411 

    新潟 89 2787 -274 

    長野 87 3114 -245 

    山梨 36 1376 -75 

    静岡 112 4595 -138 

    愛知 190 7894 -396 

    岐阜 68 3063 -150 

    三重 63 2547 -89 

    富山 49 1569 -65 

    石川 51 1969 -157 

    福井 30 1324 -123 

    滋賀 53 2198 -159 

    京都 77 3255 -165 

    大阪 189 7417 -474 

    兵庫 162 7065 -384 

    奈良 43 1733 -147 

    和歌山 39 1600 -58 

    岡山 59 2861 -84 

    広島 95 3910 -91 

    鳥取 24 898 -63 

    島根 39 1644 -49 

    山口 60 2239 -186 

    香川 38 1506 -68 

    徳島 32 1093 -61 

    愛媛 60 1970 -55 

    高知 32 1006 -90 

    福岡 136 6310 -395 

    佐賀 44 1641 -115 

    長崎 57 2112 -130 

    熊本 65 2768 -227 

    大分 45 2037 -81 

    宮崎 50 2000 -90 

    鹿児島 77 2607 -117 

    沖縄 65 3182 -166 

    合計 3971 153184 -8389

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180629-00000103-asahi-spo


    【将来高校球児がいなくなる? 少子高齢化の影響か】の続きを読む

    このページのトップヘ