常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:高橋由伸監督



    1 ひかり ★ :2018/10/19(金) 21:56:20.78 ID:CAP_USER9.net

     【セ・リーグCSファイナルステージ第3戦 巨人1―5広島 ( 2018年10月19日 マツダ )】 セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)
    ファイナルステージ第3戦が19日、マツダスタジアムで行われ、CSファーストステージを勝ち上がった巨人がリーグ3連覇の広島に1―5で3連敗。
    広島にアドバンテージ1勝がつき6試合制で行われるCSファイナルステージ通算成績が0勝4敗となりステージ敗退が決まった。3年間指揮を執った
    高橋監督が別れを告げた。

     試合後、高橋監督は打線が打てなかったことに「今はそういうことを振り返っても仕方ない。勝てなかったことが全てです。(今季通して)
    広島にはいい戦いができなかった」と振り返った。

     最後はマツダスタジアムの巨人ファン、広島ファンからも歓声が上がった。「去って行く人にはありがたいことです」と感謝。ユニホームを脱ぐ
    心境については「今は終わったばかりだから特にないです」とコメントした。

    スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/10/19/kiji/20181019s00001173463000c.html
    <広・巨>スタンドからの声援に、目に涙を浮べ帽子を取って応える高橋監督(撮影・椎名 航)

    (出典 www.sponichi.co.jp)

    広島ファンもさすがだな
    【高橋由伸監督が広島ファンに感謝感激! 「最後はやり切った」】の続きを読む



    1 ひかり ★ :2018/10/14(日) 21:32:58.30 ID:CAP_USER9.net

    <セCSファーストステージ:ヤクルト0-4巨人>◇第2戦◇14日◇神宮

    巨人のエース菅野智之投手が史上初となるポストシーズンでのノーヒットノーランの快挙を達成した。 1人の走者も許さず迎えた7回2死、3番山田に
    四球を与え完全試合は途切れたが、9回、打者28人に113球を投じ無安打1四球無失点、7奪三振の投球内容だった。

    試合後の菅野のヒーローインタビューは次の通り。

    -今の気持ちは

    菅野 最高の気分です。

    -CSでのノーヒットノーランはポストシーズン初の快挙

    菅野 何と表現していいかわからないですけど、達成感はすごくあります。

    -小林とのバッテリーで達成

    菅野 (ノーヒットノーランは)6回くらいから意識した。小林は今シーズン2回目のノーヒットノーラン(を達成した捕手となる)なので(達成を)
    意識してくれたんだと思います。

    -7回、8回にはマウンド降りるときにガッツポーズも出た

    菅野 途中から完全に狙ってたので。(7回2死から山田に与えた)フォアボールはもったいなかったですけど、まあ満足してます。

    -打線の援護もあった

    菅野 昨日もいい流れでチームがつないでくれたので、何とか波に乗って今日も投げることができました。

    -これでファイナルステージ進出

    菅野 僕たちは挑戦者なので。(今季限りで退任する)高橋監督と1日でも長く野球をできるように最後までフル回転で頑張りたいなと思います。

    -ファンへ

    菅野 一緒に広島行きましょう!

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181014-00362005-nksports-base
    ヤクルト対巨人 ノーヒットノーランを達成した菅野を笑顔でたたえる巨人高橋由伸監督(撮影・たえ見朱実)

    (出典 www.nikkansports.com)

    菅野も嬉しかっただろうけど高橋由伸監督も同じくらい嬉しかっただろうな
    【巨人菅野智之が恩師に捧げる好投! 高橋由伸監督が満面の笑顔で迎える】の続きを読む



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/10/08(月) 06:22:39.66 ID:CAP_USER9.net

    ■無駄金の凄まじさ

     プロ野球・巨人の高橋由伸監督(43)の辞任が発表された。1975年生まれ。神奈川の桐蔭学園から慶應大学に進学。巨人への入団は97年。当時の監督は長嶋茂雄氏(82)だ。以来、2015年に引退するまで、ジャイアンツ一筋だった。

     ***

     引退の翌年、つまり16年から監督としてチームの指揮を取ったが、3年連続でリーグ優勝を逃した。“常勝巨人”というスローガンを考えれば、引責辞任もやむを得ないのかもしれないが、スポーツメディアなどでは同情的な報道も散見される。

    ◇「【高橋監督と一問一答】球団慰留も固辞…『責任」繰り返し『勝敗は監督が背負う』」(スポニチアネックス:10月3日)

    ◇「巨人OBも疑問符…由伸監督辞任と原氏再々登板の“絶望人事”」(日刊ゲンダイDIGITAL:10月4日)

    ◇「巨人・後任監督を原辰徳氏に要請か 『由伸かわいそう』『人生狂わされた』と同情も」(しらべぇ:10月4日)

    ◇「『前略、高橋由伸様』最も嫌われた夕刊フジの“出禁”記者が最後に送るメッセージ『あなたの最大の不幸は…』」(夕刊フジ電子版:10月5日)

     プロ野球担当の記者も「メディアに同情論が少なくないのには、確たる根拠があるのです」と指摘する。

    「高橋監督の手腕に問題があったのは事実です。マスコミ対応も決して良くはなかった。しかし引退した15年、そもそも高橋監督は現役続行を訴えていたのです」

     それでも、当時の監督だった原辰徳氏(60)は勇退。読売ジャイアンツの渡邉恒雄・取締役最高顧問(92)を中心に最高幹部から説得される形で監督に就任した。

    「“高橋選手”を無理矢理、監督にしたのは巨人ですからね。指導者としての経験は選手兼一軍打撃コーチを15年に担当しただけです。解説者として外からプロ野球を見つめ直した経験も、専任コーチや二軍監督として若手の指導に専念した日々もない。こんな状況で名監督が誕生するはずもないことは、最初から分かっていました。彼一人だけに成績低迷の責任を取らせる形になったのは、たとえ慰留報道があったとしても、やはり気の毒すぎます」(同・プロ野球担当記者)

    ■A級戦犯は監督ではなくGM

    巨人「由伸監督」辞任で同情論噴出 フロント戦犯説を裏付け“大型補強”失敗リスト
    高橋監督時の主な『助っ人』成績比較【投手】
     たとえ未熟な監督でも、天下の読売ジャイアンツだ。選手が育てられないのなら、他チームから獲得してしまえばいい。

     近年はソフトバンクが金満球団の代名詞となってしまったが、まだまだ巨人の資金力は豊富だ。フリーエージェント(FA)や、外国人選手の補強で新人の高橋監督をサポートする必要に迫られていたのは言うまでもない。

     しかし結論から先に言えば、巨人のフロントは逆に、高橋監督の足を引っ張ったのだ。鳴り物入りで入団した“助っ人”選手が、どのような成績に終わったのか、打者編と投手編の2つの表にまとめてみた(現在も巨人に所属する選手の場合、18年の成績は10月7日現在で集計)。


    (出典 www.dailyshincho.jp)


    (出典 www.dailyshincho.jp)


     こうして並べてみると、少なからぬ“助っ人”選手が、前球団で残した成績の半分しか達成できなかったことが見えてくる。

     そもそも出場試合数が激減している。前球団の最終年と比較して、単純に「巨人の出場試合数が増えた」というだけの選手を探してみても、ギャレット、マギー、2年目の山口俊、野上亮磨、テイラー・ヤングマンしかいない。

     おまけに野上とヤングマンは、とてもではないが活躍したとは言い難い。やはり高橋監督の時期、ジャイアンツの選手補強は常に失敗の連続だったのだ。

    >>2以降に続きます

    10/8(月) 6:00配信 デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181008-00549832-shincho-base


    【補強が完全に裏目に出た巨人の考え方は果たして変わるのか?】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 豆次郎 ★ :2018/10/07(日) 15:21:10.67 ID:CAP_USER9.net

    10/7(日) 15:08配信
    巨人 川相2軍監督と田代2軍打撃コーチが電撃退団
    巨人・川相昌弘2軍監督

     巨人は7日、川相昌弘2軍監督と田代富雄2軍打撃コーチの退団を発表した。

     8日に宮崎県内で開幕する「第15回みやざきフェニックス・リーグ」では、高田誠


    軍バッテリーコーチが監督代行として指揮を執る。

     川相2軍監督は今季、3軍監督から昇格し、イースタン・リーグで優勝。1軍と密な連係を取って積極的に入れ替えを行い、メルセデスやアダメスなど育成出身の外国人も1軍の戦力としてチームの底上げに尽力した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181007-00000082-dal-base

    マジか
    【高橋由伸監督辞任で大きく動く巨人首脳陣! あの大物も退団へ】の続きを読む



    1 ほニーテール ★ :2018/10/05(金) 16:50:53.96 ID:CAP_USER9.net

    阪神は2018年10月4日、ホーム甲子園のヤクルト戦に1-2で負け甲子園7連敗となった。これでCS進出が完全消滅し、2年ぶりのBクラスが決定。今季、甲子園で今季37敗目となり、1995年のワースト記録の38敗まであと1に迫った。

    巨人・高橋由伸監督が成績低迷の責任を取る形で今季限りでの辞任を表明したことを受け、ネットでは「金本監督も責任を取って辞任するべき」、「なんで阪神は金本監督をクビにしないの?」などの書き込みが殺到しているが、現時点で球団の動きは見られない。

    ➖優勝果たせない若き指揮官

    金本監督と高橋監督は、ともに就任3年目のシーズンだった。この3年間の金本監督の成績は、4位、2位、Bクラス(4位以下)確定。一方の高橋監督は2位、4位と順位を落としたものの、今季は10月4日時点で4位DeNAに1ゲーム差をつけ3位を死守し、CS進出の可能性を残している。

    野手出身で指導者としての経験がないままに監督に就任したことも共通する。阪神、巨人ともに若返りを図って金本監督、高橋監督を起用。長期的なチーム作りを見据えてチームを託したが、2人の若き指揮官は優勝という結果を残せなかった。

    阪神フロントは、金本監督続投の意向なのだろう。
    スポーツ各紙は2018年10月5日付の紙面で、西武、中日で活躍した和田一浩氏を打撃コーチに招へいすると報じた。東北福祉大出身の和田氏は、金本監督の後輩にあたり、気心の知れた仲。球団は早くも来季の金本体制強化に着手している。

    球界の盟主を自負する巨人の監督には常に優勝が求められる。高橋監督が辞任したのも3年間、優勝から遠ざかったためであろう。一方、阪神の監督には何が求められるのだろうか。

    阪神は優勝をしないほうが儲かる?

    在阪スポーツ紙のデスクはこう話す。
    「球団の職員がよく冗談で『うちは最後まで優勝争いをしてくれればいい。最終ゲームまでお客さんが甲子園に足を運んでくれればそれでいい。へたに優勝すれば選手の年俸が上がるから』と話していますよ。今の阪神の成績を見ていると、あながち冗談にも聞こえませんけど」

    熱狂的なファンに支えられ球団運営をしている阪神だが、今季、終盤戦から甲子園には空席が目立つようになってきた。
    「今まで一番強いチーム」と自信を持って臨んだ今季、金本阪神は球団記録を更新しかねないほどの敗戦を甲子園で繰り返している。金本監督が残す契約期間はあと2年。
    球団が大鉈を振るう時は来るのだろうか。

    https://news.nifty.com/article/entame/jcast/12144-340516/

    和田一浩がコーチだと面白いかもな
    【高橋由伸監督と金本監督の一番の違いとは… 阪神は優勝しない方が儲かる?】の続きを読む

    このページのトップヘ