常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:4番



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/09(火) 20:45:06.65 ID:CAP_USER9.net

     「阪神-巨人」(9日、甲子園球場)

    巨人・岡本和真内野手が、最年少での100打点を達成した。

    残り3打点で臨んだ一戦。七回に値千金の32号ソロ。さらに八回、2打席連発となる33号2ランで大台に乗せた。

    岡本は高卒4年目、22歳でのシーズン。過去、最年少のシーズン100打点以上は15年のヤクルト・山田まで6人が記録した23歳だった。
    22歳シーズンでは62年の東映・張本、96年の巨人・松井の99打点が最多だった。

    これで3割30本100打点が確実となった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181009-00000137-dal-base
    10/9(火) 20:35配信

    https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2018/cl2018100901.html
    試合スコア

    https://baseball.yahoo.co.jp/npb/player/1400101/
    成績


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    (出典 lpt.c.yimg.jp)



    (出典 Youtube)

    岡本 和真 32号 ソロ ホームラン 2018年10月9日 阪神vs巨人


    (出典 Youtube)

    岡本 和真 33号 2ラン ホームラン 2018年10月9日 阪神vs巨人


    (出典 Youtube)

    巨人 岡本和真応援歌

    10年は安泰だな
    【巨人・岡本が覚醒! 史上初の快挙にも本人は…】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/19(水) 11:07:40.17 ID:CAP_USER9.net

    今季の巨人において、一番の“出世株”となっている岡本和真。勝負強い打撃でチームを牽引するその姿は、既に多くのプロ野球ファンに知れ渡っていることだろう。
    しかし、これまで順調にきていたその道のりに、ここにきて一抹の不安が生じ始めている。

    シーズン途中から4番としての出場が続いている岡本は、8月終了時点で「打率.310・26本塁打・84打点」という成績をマーク。
    シーズンが佳境を迎えた9月も、13日終了時点で「打率.407・5本塁打・10打点」と好調をキープしていた。

    しかし、14日に行われたDeNA戦の8回表、相手投手スペンサー・パットンが投じた内角の直球が、スイングの体勢に入っていた岡本の右手を直撃。
    苦悶の表情を浮かべた22歳は、その後一度はグラウンドに戻るも、結局は途中交代を強いられることとなった。

    不幸中の幸いで登録抹消までは行かず、翌日以降もグラウンドに立ち続けている岡本。
    ただ、15日のDeNA戦で3打数ノーヒットに終わると、さらに16、17日の中日戦でもそれぞれノーヒット。
    やはり死球の影響は大きかったのか、その打棒は鳴りを潜めてしまっている。

    現在セ・リーグ3位につけている巨人は、4位中日、5位DeNA、6位阪神と共にクライマックスシリーズ(CS)出場を争っている。
    昨年はDeNAの後塵を拝し出場を逃しているだけに、今年は同じ轍を踏みたくないところだろう。

    2年ぶりとなるCS進出のためには、打線の中心を担う岡本の存在は必要不可欠。
    しかし、仮にこのまま調子が戻らないとなると、当然ながら今後の見通しは非常に厳しくなる。

    また、現在「打率.309・31本塁打・95打点」の成績を残している岡本は、プロ野球史上最年少での「3割・30本・100打点」達成も大いに期待されている。
    ただ、不調が長引くようならば、こちらにも暗雲が立ち込めることになるだろう。

    来月4日のレギュラーシーズン最終戦(対広島)まで、残る試合はあと10試合。
    チームにとって、そして、岡本個人にとって、試練の10試合となることは間違いない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1523585/
    2018.09.19 06:15 リアルライブ

    とりあえずCS圏内で
    【巨人・岡本和真が絶不調! その原因は…】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/08/13(月) 06:19:10.76 ID:CAP_USER9.net

    5年の初優勝以降、不動の4番打者として活躍した山本浩二氏。常勝チームとなった黄金期に勝負強い打撃で5度の優勝に貢献した。
    さらに監督としても、球界を代表する4番打者を多数育成してきた。誰よりも4番打者を知り尽くす山本氏の4番打者論とは。

    現役引退後は監督として、江藤智(現巨人コーチ)、金本知憲(現阪神監督)、新井貴浩らを4番打者として育成してきました。
    私が監督として4番育成をするにあたり、まずは4番としての資質がある選手を重点強化選手に位置付けることから始めていました
    そして、コーチ陣に彼らを預けて、徹底的に鍛え上げてもらいました。私が考える4番の資質を持った選手は長距離砲であること、精神的な強さを持っていること、
    そしてリーダーシップを見せることができる、最低限これらの要素が必要になると考えています。

    監督として4番打者を育てる上で、最も大事なのは我慢です。中でも特に印象に残っているのは新井です。
    03年、金本がFA移籍したことで彼を4番に抜擢したのですが、2年間は全く成績を残すことができませんでした。
    今思い返してみれば、少し可哀想なことをしたかもしれません。
    しかしながら、当時のチーム事情と将来を考えたときに、無理にでも4番として使い続けなければならないと感じていました
    。新井もそこからいろいろな苦労がありましたが、それを乗り越えて2年後の05年には本塁打王を獲得するまでになり、その後は不動の4番へと成長してくれました。
    少し時間がかかったかもしれませんが、あの苦しい2年間は彼にとって良い経験になっているはずです。

    今球界を見渡してみても、なかなか日本人の4番打者が育っていません。日本人の4番をつくるというのは、これから球界にとっても大事なことになってくるでしょう。
    現在、鈴木誠也が広島の4番を任されていますが、あの若さでよくやっているなという印象です。
    鈴木が一軍に出たての頃、フルスイングする姿を見て、『これは良い選手が出てきたな』という目で見ていました。
    本当に順調に伸びてきていると思います。昨季4番に抜擢されてからも成績を上げている部分は評価すべき点です。これから大事なのは、何年も4番にふさわしい成績を残すこと。
    あの若さですし、十分にそれを実現できる素質を持っています。

    今後鈴木に求められるのは経験だけでしょう。4番として、打てることもあれば、打てずに失敗して反省することだって数多くあります。
    いつも状態が良いということは絶対に有り得ないことですし、打てなかったときに、いかに反省をして、同じことを繰り返さないか。それが大事になってきますし、その繰り返しです。
    たとえば4打数3安打打ったとしても、凡退した1打席をいかに反省するか。そこで満足していては4番としての成長はありませんし、常に反省をすることが大事です。

    それほど4番には甘えが許されないですし、チームの勝敗の責任を負う、重要なポジションなのです。

    (広島アスリートマガジン2018年8月号から一部抜粋・続きは本誌にて掲載)

    ▼ 山本浩二(やまもとこうじ)
    1946年10月25日生、広島県出身。
    68年ドラフト1位で広島に入団。1年目からセンターのレギュラーに定着すると、75年には4番打者として首位打者、MVPに輝き初優勝に大きく貢献。
    以降は黄金時代不動の4番打者として『ミスター赤ヘル』と呼ばれた。
    77年から5年連続40本塁打以上を記録するなど、30歳を超えて長距離砲としての才能を開花。
    本塁打王4回、打点王3回と球界を代表する打者として活躍した。
    広島監督時代には、江藤智、金本知憲、新井貴浩らを球界を代表する4番に育てあげた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180813-00010000-hathlete-base
    8/13(月) 6:03配信


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    (出典 i.ytimg.com)



    (出典 Youtube)

    プロ野球 個人トランペット応援黎明期 山本浩二応援歌 1980.6.12


    (出典 Youtube)

    1986年 日シリ 山本浩二 最終打席


    (出典 Youtube)

    広島.山本浩二2000本安打達成.巨人-広島

    http://npb.jp/bis/players/71273828.html
    成績 

    ミスター赤ヘル
    【責任重圧すべてを背負うのが本物の4番 4番を知り尽くした人物の言葉は深い】の続きを読む



    1 風吹けば名無し :2018/07/03(火) 06:13:44.89 ID:G8qjVJpb0.net

     4番のハートは強く、たくましかった。現在、23打席連続無安打。
    6月26日の広島戦(マツダ)第2打席で左翼ポール際に14号ソロをたたき込んだ後は、本塁打どころか安打も出ていない。だが、岡本は下を向かない。

     「ヒットは出ていませんけど、技術面がどう、ということはないです。一年間やっていれば、こういう打てない時期もある。
    そういうことも、こうやって試合に出続けなければ経験できないことだし、むしろ今の時期にそれが出てよかったと思います」

     ここまで全73試合にスタメン出場して打率3割6厘、14本塁打、45打点。
    立派な数字を残しているから落ち込む要素などないのは当たり前かもしれないが、まだプロ4年目とはとても思えない。
    6月上旬から4番を務める22歳を見守る先輩ナインたちも「あいつは何試合か打てなくても全然へこまないからすごい」と口をそろえている。
    その強靱(きょうじん)な精神力を垣間見た気がした。悪い部分は出し切った。
    シーズンの勝負どころではちゃんと打つから見てろ。そう言っているようだった。


    【余裕さえ感じる巨人の新4番 打てない日々も前を向く】の続きを読む



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/06/05(火) 00:54:42.76 ID:CAP_USER9.net

    ロサリオ二軍落ちで阪神が新助っ人獲得か
    6/4(月) 16:45配信 東スポWeb
    https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/1028386/
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180604-00000043-tospoweb-base

    二軍落ちのロサリオ

    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)


    阪神が3日の西武戦(メットライフ)に5―10と大敗し、交流戦2カード連続の負け越しで借金は再び2となった。守りのミスが続出し、打線は開幕前に交換トレードで放出した西武・榎田大樹投手(31)に7回まで3点に抑えられるなどバツの悪い敗戦…。
    金本監督は「こっちの自滅のようなもの。甲子園で出直し? そういうことです」と怒りをかみ*ていたが、チーム内で波紋を呼んだのがウィリン・ロサリオ内野手(29)の来日初の二軍落ちだった。

    ここまで打率2割3分、4本塁打、22打点。2日の試合後に降格が決まった“悩める助っ人”に片岡ヘッド兼打撃コーチは「頭をリフレッシュさせてスイングを取り戻してほしい。期間? できるだけ早くということ」と話したが、早くもロサリオに代わる「新助っ人獲得問題」が取りざたされている。

    フロント幹部は「まだ何も言えないが、調査については例年継続して行っているということ」と意味深に話し、金本監督も「オレからどうこうはない。すべてフロントにお任せしている。フロントの仕事でもあるから」と獲得を否定することはなかった。
    阪神ではここ数年、シーズン途中に助っ人を獲得してきた過去がある。就任3年目で勝負がかかる指揮官をバックアップしようとフロントが動くのは明白で、場合によっては独立リーグ・栃木でプレーする前巨人・村田の再調査を行う可能性もある。

    しかし、チーム内では「いいのが獲れるならロサリオと競わせればいい。刺激にもなる」と賛成する声から
    「外国人は獲らなくていい。ロサリオを見限るのが早いよ。打てないとか言うけどチームで一番猛打賞の数は多いし、実は得点圏打率も福留や糸井よりもいい。助っ人で注目が高いから逆にかわいそうだ」と反対する声も…。
    いずれにせよ、今後の緊急補強の動きから目が離せなくなった。

    阪神タイガース 得点圏打率
    https://baseball.yahoo.co.jp/npb/teams/5/memberlist?type=b&ord=23&srt=1
    糸原健斗 .237
    ロサリオ .230
    糸井嘉男 .224
    福留孝介 .184
    大山悠輔 .122


    【【プロ野球】ロサリオ二軍落ちで阪神が新助っ人獲得か(東スポ) 実は得点圏打率(.230)は福留(.184)や糸井(.224)よりもいい】の続きを読む

    このページのトップヘ