常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:DeNA



    (出典 wordleaf.c.yimg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/13(木) 08:08:07.20 ID:CAP_USER9.net

    DeNAの南場智子オーナー(56)は12日、オーナー会議後に今季限りで契約が切れるラミレス監督の評価について
    「今、私が何か申し上げることでざわつかせたくない、ということを一番大事にしています。
    とにかく今は試合に集中してほしいと思っています」と具体的な発言を避けた。

    また、中日・白井文吾オーナー(90)は3年契約2年目の森監督の来季去就について、
    「最近、強いよね。だから(進退問題が)どうの言うところまではいっていない」と従来通りに白紙を強調。
    オリックス・宮内義彦オーナー(83)は福良監督の去就について「順位が確定してから。
    それまでは何も申しません」と話した。一方、パ・リーグ首位の西武・後藤高志オーナー(69)は辻監督の采配ぶりを高評価した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-00000009-sanspo-base
    9/13(木) 7:00配信

    あっても単年契約
    【ラミレス監督の去就が注目を集めている! オーナーの一言とは…】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/10(月) 03:31:20.68 ID:CAP_USER9.net

    DeNA・後藤武敏内野手(38)、加賀繁投手(33)が今季限りで引退することが9日、分かった。

    後藤は16年目の今季、代打で期待されながらここまで1軍出場はなし。38歳はユニホームを脱ぐ覚悟を決め、周囲の関係者に伝えている。
    後藤は1998年、横浜高の主に3番打者として松坂大輔(現中日)と春夏連覇を達成。
    法大を経て西武に入団すると、1年目でいきなり開幕4番に抜てきされるなど101試合に出場。
    長打力を生かし、08年には日本一に貢献した。

    12年にDeNAへ移籍。14年には一、三塁でスタメン出場しながら、代打打率3割8分3厘をマーク。
    勝負強さに加え明るいキャラクターで「ゴメス」の愛称で愛された。選手からの人望も厚く精神的支柱だった。
    松坂が日本復帰以降は「1軍での対戦がモチベーション」と闘志を燃やしていた。

    9年目の加賀は主に中継ぎで活躍。12年には61試合に登板し、26ホールドをマーク。
    バレンティンキラーとしても知られた。今季は8試合に登板し、防御率8・38。
    加賀はスポーツ報知の取材に「スライダーが年々自分のイメージではなくなってきた。競争に勝てないことは受け入れないと」と決断への理由を説明した。

    球団では2人の実績と貢献度を評価。本拠地最終戦となる22日の中日戦を引退試合として、花道にする方向で調整を進めている。

    ◆後藤 武敏(ごとう・たけとし)1980年6月5日、静岡県生まれ。38歳。
    横浜高3年時に春夏連覇。法大では2年春にリーグ3冠王。02年ドラフト自由枠で西武入団。
    11年オフ、武山との交換トレードでDeNA移籍。主に右の代打として活躍。
    通算617試合に出場し、打率2割5分5厘、52本塁打、184打点。176センチ、84キロ。右投右打。年俸1840万円。
    登録名は愛称の「ゴメス」を示す「G」を冒頭につけ「G後藤武敏」。

    ◆加賀 繁(かが・しげる)1985年4月13日、埼玉県生まれ。33歳。
    埼玉平成高から上武大、住友金属鹿島を経て、09年ドラフト2位でDeNA(当時横浜)に入団。
    通算278試合に登板し、12勝22敗1セーブ、72ホールド、防御率4・03。右投右打。
    182センチ、84キロ。年俸3100万円。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180910-00000043-sph-base
    9/10(月) 3:03配信

    http://npb.jp/bis/players/11915117.html
    後藤 成績

    http://npb.jp/bis/players/21525131.html
    加賀 成績


    (出典 www.baystars.co.jp)


    (出典 i.ytimg.com)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    (出典 img.news.goo.ne.jp)



    (出典 Youtube)

    後藤武敏の5号特大ホームラン 130918


    (出典 Youtube)

    後藤武敏、第6号ソロホームラン 130923


    (出典 Youtube)

    横浜DeNAベイスターズ 後藤武敏応援歌

    お疲れ様でした
    【DeNAのベテラン2人が惜しまれて現役を引退 これぞ花道】の続きを読む



    (出典 img.news.goo.ne.jp)



    1 ひかり ★ :2018/09/10(月) 10:02:12.08 ID:CAP_USER9.net

    ◆DeNA7―3ヤクルト(9日・横浜)

     DeNA・筒香が尊敬する先輩に贈る決勝打を放った。

     同点の初回無死二、三塁で中前へ勝ち越し打。ヤクルト戦今季初のカード勝ち越しに「とにかく勝つしかない」。この日は背番号「25」を受け継いだ
    BC栃木の村田が引退試合。その実力を肌で感じてきた。「まだまだやってほしいし、一緒にやりたい気持ちもある。村田さんに追いつけるような成績を残していない。
    いつかは超えられる選手になりたい」と「4番道」を継承していく。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180910-00000050-sph-base

    指導者としてDeNAに戻ってきてほしいということか
    【DeNA筒香が現役を引退した村田修一にラブコール? 「一緒にやりたい」】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/09(日) 10:42:49.50 ID:CAP_USER9.net

    DeNA・ロペスが初回、左翼席へ3ラン。5年連続の20号到達でNPB通算150号に王手をかけた。
    「手応えは完ぺき。積極的に自分のスイングをしようと思った」。DeNAで4年連続20号は外国人ではシピン、ポンセ以来3人目だ。

    試合は逆転負けしたが、これで筒香、ソト、宮崎そしてロペスと4人が20号に到達。
    球団では1977年の田代、松原、シピン、高木嘉以来、41年ぶりの20発カルテットも完成した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180908-00000293-sph-base
    9/9(日) 7:05配信


    (出典 www.hochi.co.jp)


    http://npb.jp/bis/players/93195137.html
    ロペス成績


    (出典 Youtube)

    ロペス 20号 3ラン ホームラン 2018年9月8日 DeNAvsヤクルト

    https://www.nikkansports.com/baseball/professional/data/standings/
    順位表

    ラミレス監督解任
    【DeNAで41年ぶり20発カルテット完成するも投手陣崩壊でCSは絶望的】の続きを読む



    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/07(金) 19:24:00.14 ID:CAP_USER9.net

    8月21日の巨人戦に敗れ、最下位に転落した横浜DeNA。現在は中日と激しい最下位争いが続いており、
    3年連続のクライマックスシリーズ進出が遠のく中、アレックス・ラミレス監督(43)の今オフの解任が決定的になってきた。

    親会社のDeNAは水面下で、“大魔神”佐々木主浩、“番長”三浦大輔などの有力OBを中心に次期監督を検討してきたが、
    最終的に絞り込んだのは「若大将」原辰徳氏(60)だという。

    相模原市出身の原氏は横浜にもファンが多く、東海大学時代の本拠地は浜スタだ。
    これまで3度目の巨人監督も視野に入れ、DeNAの要請に回答を保留していたが、「受諾」の方針を固めたというのだ。

    「ミスタープロ野球と読売グループの総帥が相次いで入院したことで、巨人を取り巻く環境が一変したからです。
    恩師・長嶋茂雄氏(82)が体調を崩して7月始めに入院。渡辺恒雄読売新聞グループ本社代表取締役主筆(92)も、8月中旬に頸椎の一部を骨折して入院中。
    ともに重病説もあり、松井秀喜氏がニューヨークに戻らず日本に長期滞在していることは、今オフの巨人監督就任を代弁しているのです」(スポーツ紙デスク)

    老川祥一前オーナーの後任として、渡辺主筆は「後継者」に同グループ本社社長の山口寿一氏(61)を就任させた。その山口オーナーはコンプライアンスを大事にする法務畑の人物。
    女性問題の解決に元暴力団員に1億円支払った原氏の監督復帰は構想にない。

    そんな折、原氏は7月末の「阿蘇・熊本シニアオープン」で国内男子シニアゴルフにデビュー。
    「ファンケル・クラシック」にも主催者推薦で出場するなどゴルフ三昧の生活を送っていたが、この生活も封印する。

    今後は野球界にしっかり眼を向けて、ゴルフ界は陰ながら応援します。僕が出ることは、もうない」と、今オフの“有事”を暗示する発言をした。

    「松井巨人が発足すれば、コーチ陣ももれなく再編されます。その人たちの受け皿を用意する目的もあり、
    巨人も原氏のDeNA監督転身を後押ししている。松井監督への環境作りです」(巨人OBの野球解説者)

    ラミレス監督は「毎日2万8000人以上の人がハマスタに来てくれている。
    彼らは1人も諦めていないので、我々も諦めるわけにはいかない」と続投に意欲をみせるが、退陣のシナリオはすでに完成済み?

    http://dailynewsonline.jp/article/1517107/
    2018.09.07 17:20 週刊実話

    その人選はないわ
    【DeNAラミレス監督の辞任がほぼ決定的に? 次期監督にまさかの大物の名前が…】の続きを読む

    このページのトップヘ