常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:NPB



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/20(土) 11:10:59.59 ID:CAP_USER9.net

    台湾プロ野球・ラミゴは17日、日本球団が熱視線を送る王柏融(ワン・ボーロン)外野手(25)について、今オフの海外移籍を認める方針を明らかにした。
    台湾では年間125日を3シーズン実働すれば海外移籍できる規定があり、15年9月からプレーする王は今オフにも海外移籍が可能となる予定だった。

    “大王”のニックネームで知られる王は、昨年まで2年連続で打率4割以上をマーク。
    昨季は打率4割7厘、31本塁打、101打点で3冠王と2年連続のMVPを獲得。
    昨年2月に行われたWBC日本代表の壮行試合(ヤフオクD)では、楽天・則本からバックスクリーンへの逆転弾を放った。

    ラミゴは今月27日から、日本シリーズにあたる「台湾シリーズ」への進出が決まっており、移籍交渉はそれ以降に解禁となる見通し。
    すでに阪神、西武などが関心を示しており、激しい争奪戦が繰り広げられることになりそうだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15460251/
    2018年10月18日 6時0分 スポーツ報知


    (出典 Youtube)
    &t=51s
    台湾の若きスラッガー 王柏融(ワン・ボーロン)豪快弾まとめ


    (出典 Youtube)
    &t=48s
    台湾代表 王柏融 応援歌(夢花火)


    (出典 Youtube)

    WBC中職日職對抗賽 王柏融ワン ブォロン打?精華_20170228


    (出典 yakyuzuki.com)


    (出典 contents.gunosy.com)


    http://www.cpbl.com.tw/players/person.html?player_id=H044
    成績

    ロッテが獲得濃厚?
    【台湾の大砲王柏融(ワン・ボーロン)外野手(25)がNPBにやってくる?】の続きを読む



    1 Egg ★ :2018/10/15(月) 12:39:44.20 ID:CAP_USER9.net

    元ロサンゼルス・ドジャースの日本担当スカウトとして斎藤隆氏や黒田博樹氏の獲得にも関わり、現在はアリゾナ・ダイヤモンドバックスの顧問を務める小島圭市氏(50)が「プロ野球志望届は必要ない」と話し、現在の日本プロ野球界で採用されているドラフト制度の在り方に異議を唱えた。

     小島氏は10月14日、東京六大学野球の秋季リーグを中継していたAbemaTVに解説として登場すると、25日に控えたドラフト会議について、同じく解説を務めた元・プロ野球の広澤克実氏が「今まで無名の名選手はたくさんいた」と話したことを受け、ベテランスカウトの立場から次のように持論を述べ、現在のドラフト制度について次のように続けた。

     「今のスカウトはとても楽ですよ。インターネットで映像も出ます*。選手は数値化されますが、問題は数値ではない。150kmを投げるからいい投手ということではなく、140kmでも打てないボールを投げる投手が素晴らしい。そのポテンシャルを見極めることがスカウトの仕事なんです」

    この意見に同意し、ヒートアップしたのが広澤氏だ。

     「例えば鳥谷を見に行っていたヤクルトのスカウト陣が、あまり打たないけど、やたら足の速いセンターの選手がいると言って4位で指名したのが青木宣親。広島工業、亜細亜大学でずっと2番手投手だったけど、下手投げで面白い投手がいると、小池を見に行ったはずのヤクルトスカウト陣が指名したのが高津臣吾だよ。こういう出来事、思考が起こらないということではダメ。志望届を提出した選手の中からだけ指名するなんて、まるで人気投票じゃないですか」

     広澤氏の意見を踏まえ、小島氏は「何でもシステマティックになるから、いいスカウトが出てこない。スカウトが育たないから、プロ野球のレベルが上がっているようで、実は上がってこないんです。だからプロ野球志望届は要らないんです」と話し、この話題を締めくくった。

    スカウトが悪いの?
    【NPB全体の底上げが遅れている原因…それは裏方さんの責任?】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2018/10/09(火) 21:38:55.08 ID:CAP_USER9.net


    (出典 www3.nhk.or.jp)


    再来年の東京オリンピックの期間中、プロ野球のペナントレースが23日間中断する間の選手の調整方法について、12球団が9日、実行委員会で意見を交わし、練習試合を行いたいという意見が多数を占めたことから、引き続き検討していくことになりました。

    9日は東京都内に12球団の代表者が集まって実行委員会が開かれ、再来年の東京オリンピック開催に伴うペナントレースの中断期間の選手の調整方法について意見を交わしました。

    2020年のプロ野球は、オリンピックでソフトボールの競技が始まる開幕2日前の7月22日から、閉幕後の8月13日までの23日間、ペナントレースを中断することが決まっています。

    NPB=日本野球機構によりますと、各球団からは中断期間の前半は練習を、後半には練習試合を行いたいという意見が多数を占めたということです。

    また、一部の球団からは、中断期間を利用して「カップ戦」を行ってはどうかという意見も出たということで、引き続き、各球団の営業担当者が集まる会議で検討していくことになりました。

    2018年10月9日 19時43分
    NHK NEWS WEB
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181009/k10011664981000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_018

    巨人岡本を使ってください
    【これぞNPB! 全員で東京オリンピック金メダルを目指す体制が整いつつある】の続きを読む



    1 かばほ~るφ ★ :2018/09/27(木) 08:15:46.10 ID:CAP_USER9.net

    阪神29年ぶり、甲子園でWヘッダーを検討 来週直撃?台風24号…セ連盟が打診
    2018.09.27.

    阪神の谷本修球団本部長は26日、セ・リーグ連盟からダブルヘッダー開催の打診を受けたことを明かした。
    この日、甲子園球場で予定されていたDeNA戦がグラウンドコンディション不良で中止となり、
    順位決定の期限となる10月11日まで空き日が1試合となったため。甲子園でのダブルヘッダー開催は1989年10月15日以来、29年ぶりとなるため、
    実施方法などを慎重に検討していく方針だ。

    ひっ迫した試合日程が、“禁断の扉”を開かせた。
    DeNA戦が午後4時の開門を前に中止が決定。その直後、セ・リーグから阪神に対し、
    ダブルヘッダーの開催を打診された。谷本球団本部長は「セ・リーグから連絡がありました。
    営業の担当が検討していくことになると思います」と明かした。

    甲子園でダブルヘッダーが開催されれば、1989年10月15日・大洋戦以来、29年ぶりとなる。
    14連戦の初戦で今季19度目の中止となり、既に10月9日までびっしりと試合が
    組まれていることから、振り替えは同10日以降になる見通しだ。

    順位決定の期限となる同11日まで試合が組まれていない空き日はわずか1日。
    日本の南部には大型で非常に強い台風24号が停滞しており、来週にかけて本州を直撃する恐れが出てきている。
    さらに中止試合が増えることも予想されており、期限までに143試合を完全消化し、
    順位を決定するための打診とみられる。

    ただ阪神はシーズン中から甲子園でダブルヘッダーの開催は困難と訴え続けてきた。
    セ・リーグのアグリーメントに記載されているルールでは、第1試合終了から20分後に第2試合を始めなければならない。
    満員となれば4万6000人前後の人間が一気に入れ替えに向けて動くだけに、危険に対して配慮する必要もある。

    仮に観客を入れ替えないにしても、相手チームが違う“変則ダブルヘッダー”となった場合、
    練習場所の確保や「応援団の入れ替えについても20分でできるのか。
    そのあたりも検討していかないといけない」と谷本本部長は課題を指摘する。

    既に発表されている日程では移動ゲームの絡みもあるため、これ以上の変更はできない。
    現時点で可能性が高いとされているのが10月1日に甲子園で予定されている
    DeNA戦が中止となった場合、ダブルヘッダーとして同10、11日の空き日に実施する案だ。

    チームにとっても12連戦を戦い抜いた上で、最後の最後にダブルヘッダーが待ち受ける。
    苦しい戦いを強いられることは、間違いない。

    デイリースポーツ on line
    https://www.daily.co.jp/tigers/2018/09/27/0011677620.shtml

    屋外球団は厳しいな
    【阪神が甲子園でダブルヘッダー? NPBが阪神に打診か?】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/23(日) 10:05:34.04 ID:CAP_USER9.net

    楽天2年目の田中和基(24)が躍動している。開幕当初は代走での出場が主だったが、5月末からスタメンに起用されると、一気にトップバッターに定着。
    持ち前の快足に加えてパンチ力も披露し、8月1日のオリックス戦ではプロ野球8年ぶりの左右両打席本塁打をマーク。22日現在、打率2割7分6厘、18本塁打、21盗塁と、一躍新人王候補に名乗りを上げている。

    ここまでの18本塁打はチーム2位で、日本人トップ。
    過去にシーズン18本塁打以上を打った楽天の日本人選手は、6度記録した山崎武司だけで、生え抜きではすでに球団史上最多だ。
    また20本に乗せれば、両打ち選手では07年セギノール(日本ハム)以来。
    日本人では柴田勲、高橋慶彦、松永浩美、松井稼頭央の4人だけ。
    最後にマークしたのは03年の松井で、昨年はともにプレーした先輩以来の記録となる。

    田中は21盗塁をマークしており、20本塁打に到達すれば「20発&20盗塁」となる。
    20発&20盗塁は今年の山田哲(ヤクルト)柳田(ソフトバンク)を含めて58人(103度)が達成しているが、楽天の選手では初めて。
    24歳シーズン以下で達成なら、16年山田(ヤクルト)以来で、パ・リーグでは95年イチロー(オリックス)以来23年ぶりだ。
    また2年目以内に達成したのは過去10人(11度)だけで、新人でマークした81年石毛(西武)以来37年ぶりの快記録が見えている。

    開幕時には予想もつかなかったブレークで、ルーキーの藤岡(ロッテ)、同じく2年目の山本(オリックス)らとの新人王争いに加わった。
    残りの試合でさらに数字をのばし、松井稼頭央やイチローらに肩を並べられるか。
    その先には球団では田中、則本に次ぐ3人目、野手では初の新人王も見えてくるだろう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180923-00339512-nksports-base
    9/23(日) 8:36配信


    (出典 sp.rakuteneagles.jp)


    http://npb.jp/bis/players/11215134.html
    成績



    (出典 Youtube)

    田中 和基 2号 2ラン ホームラン 2018年5月27日 ソフトバンクvs楽天

    決まりだな
    【パリーグ新人王候補の楽天田中和基の成績が素晴らしい!】の続きを読む

    このページのトップヘ