常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:NPB



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/11(火) 09:08:44.55 ID:CAP_USER9.net

    阪神の藤川球児投手(38)が10日、残り27試合の重要性を説いた。テーマはこれまで同様に『力んで戦う』こと。「今更じたばたすることはない」。
    毎試合声援を送り続けてくれる虎党のためにも、変わらぬ気持ちで目の前の試合に臨んでいく。

    最後までブルペンを支えていく心構えだ。9月終盤から20連戦になる可能性があり、投手一丸となって乗り越えていかなければならない。
    「僕たちは自分たちの仕事というか。持ち場で普通にすることが一番大事」。気負うことはない。これまで通り、自らの仕事を果たしていくことが大事だと話した。

    勝利の方程式を支える一人として、今季は厳しい場面での登板を託されてきた。阪神復帰後の2016年は先発を経て43試合に登板。
    中継ぎに専念した昨年が52試合。今年はすでに44試合に登板しており、143試合に換算すれば54試合ペース。
    復帰後2年間の成績を上回る数字を残している。

    それでも満足できていないところもあるという。「個人的なところ」と前置きした上で、触れたのは防御率。
    現在2・18。「(1点台は)目指すというか、最低限のつもりだったので。もうちょっと頑張らないとね」と高みを見据えた。

    飽くなき向上心が肉体を支える。7月に38歳を迎えた。
    考えるのは常にチーム全体のこと。逆転CSへ。これまで通り、勝利への執念を見せていく

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180911-00000031-dal-base
    9/11(火) 9:00配信


    (出典 i.daily.jp)


    http://npb.jp/bis/players/71073888.html
    通算成績


    (出典 Youtube)

    阪神タイガース 藤川球児 登場曲 リンドバーグ every little thing every precious thing

    日程がきついよな
    【阪神・藤川球児がチームメイトに謎のゲキを飛ばす!】の続きを読む



    1 ひかり ★ :2018/09/09(日) 18:36:52.33 ID:CAP_USER9.net

    「BCリーグ、栃木8-8群馬」(9日、小山運動公園野球場)

     BCリーグ栃木の村田修一内野手(37)が、現役引退を正式表明した。

     今季最終戦となった群馬との一戦を終え、ファンにマイクであいさつ。セレモニーの途中から涙をこらえきれず、何度もほほをぬぐった。
    冒頭でBCリーグや栃木への感謝の思いを口にし、「今日をもって私は現役を…」と言うと声を詰まらせて、スタンドからも「言わないで」と
    声が飛んだ。そして、村田は「引退します」と表明した。

     小学校3年生から野球を始め30年間の野球生活を振り返り両親について「どんな時も車を出してくれた。そんな両親のもとで野球をできて
    幸せでした」と号泣。夫人や息子らのそれぞれの名前を挙げて「何より家族に感謝しています」と言葉に力を込めた。

     そして、「未練がないと言えばうそになりますが、30年間の野球人生に悔いはありません。人生はまだまだ終わりません」と、顔を上げた。

     この日の“引退試合”には村田の勇姿をひと目見ようと早朝からファンが駆けつけ、超満員となった。家族や恩師の大矢明彦氏もその勇姿を見守り、
    村田は「4番・三塁」でフル出場した。

     ノーヒットで迎えた七回の第4打席で強烈な中前打。「25」の入った黄色のボードを掲げたファンから、大歓声が沸き起こった。
    九回の第5打席は一ゴロに倒れ、5打数1安打だった。

     球場付近には、昨季までプレーした巨人の同僚から特大の“花看板”が届けられた。看板には「WE = SHU」(=はハート)と記され、
    巨人の阿部、菅野、坂本勇や杉内らの名前が記された。セレモニーでは巨人の元同僚や日本ハム・矢野や実松のメッセージも読まれた。

     村田は、昨オフに巨人を自由契約になり今年3月に栃木入り。NPB復帰を目指したが獲得意思を示す球団はなく、新規契約が可能な期間が前日
    7月31日に終了した。翌日の8月1日に会見を行い引退を示唆していた。

     NPBでは横浜(DeNA)、巨人でプレー。1953試合に出場し、打率・269、360本塁打、1123打点。BCリーグ栃木では
    60試合に出場し、打率・343、14本塁打、62打点だった。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180909-00000114-dal-base


    (出典 amd.c.yimg.jp)

    引退を表明し、涙を流した村田


    (出典 i.daily.jp)


    (出典 i.daily.jp)

    お疲れ様でした
    【男村田修一が栃木で涙の現役引退 潔い引き際にファンも涙】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/08/29(水) 18:33:24.05 ID:CAP_USER9.net

    「ドラフト1位で消えるだろう。俺が監督なら行くな」

    秋田出身の落合博満氏は8月21日、その日の甲子園の決勝で敗れた金足農の吉田輝星投手についてニコニコしながらこう語った。

    「俺が監督なら」の部分が何とも意味深に感じられる。最近露出が多い落合氏は、あちこちで「監督がしたいんじゃないですか」と言われているからだ。

    落合氏はテレビ番組で中日監督時代のことに触れ、「契約のとき『勝てばいいんですね』と念押しした」と語っていたという。それを見たベテラン記者は、こう思ったそうだ。

    「やれと言われたら俺はファンサービスだって情報発信だってやれるよ、というアピールでしょう。
    64歳という年齢的に、そろそろラストチャンス。あのおっかあ(信子夫人)なら、『あんたこのまま終わっていいの』と、尻ぐらいたたきそうですし(笑)。
    ファンサービスや情報発信に熱心なパ・リーグの球団を意識してるのかもしれません」

    その一方で中日新聞関係者はこう明*。

    「落合さんが監督になれる条件をそろえているのはドラゴンズでしょう。
    後ろ盾だった白井(文吾)オーナーが今も健在で、彼の一存で監督が決まる構図は変わっていません。12球団で一番勝ちに飢えています*」

    中日では森監督が続投するか、小笠原2軍監督が昇格するか、どちらかだと見られていた。
    そこに“大穴”で、落合氏の復帰がささやかれているのだ。

    「今の順位じゃ森続投は厳しい。だけど小笠原かというと『うーん』となる。
    2軍で大型連敗していましたし、ファンから何で生え抜きOBじゃないのかと言われます。その隙間を縫って落合復帰もなくはない」(前出の中日新聞関係者)

    不思議なのはなぜ生え抜きのOBが監督に就任しないのか。
    立浪、山本昌、山崎武司といった名前が浮かぶが、落合、谷繁、森と“外様”が続いている。

    「決めているのは白井オーナーで、OBが嫌なんじゃなく、亡くなった星野仙一さんが嫌なんです。
    だから星野監督時代の選手も嫌だとなる。
    星野さんの後ろ盾は加藤巳一郎元オーナーで、白井さんは加藤派ではなかったし、星野さんも白井さんになびかなかったらしい。
    だから『星野に一泡吹かせられるやつは?』という流れで、2004年に落合さんを監督にした。白井さんからすれば、自分に懐いて結果を出した落合さんが可愛くて仕方ない」(同)

    生き方が“オレ流”と言われる落合氏だが、復帰できるかどうか、人事はやはり上司次第のようだ。(本誌・渡辺勘郎)

    ※週刊朝日  2018年9月7日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180828-00000036-sasahi-base
    8/29(水) 16:00配信


    (出典 dragons.jp)


    (出典 www.sankei.com)


    (出典 img.atwikiimg.com)



    (出典 Youtube)

    中日 落合

    個人的にはやってほしい
    【落合博満の監督復帰が噂される中日 松坂の起用法は?】の続きを読む



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/08/28(火) 07:36:59.48 ID:CAP_USER9.net

    阪神は27日、ウィリン・ロサリオ内野手(29)の出場選手登録を抹消した。
    年俸3億4000万円の単年契約で入団した助っ人だが、順位争いの佳境となるシーズン終盤での2度目の2軍降格は、事実上の戦力外通告。
    再昇格の可能性は残されているものの、1年限りでの退団が決定的となった。

    ロサリオは開幕から変化球攻めに苦しみ、6月3日に1度目の抹消。
    7月17日に再昇格した直後は、復調の兆しを見せたが、最近はチャンスで凡退する場面が目立っていた。75試合に出場し、打率2割4分2厘、8本塁打、40打点。
    甲子園では110打席に立ったが、本塁打がなかった。

    また、今季が来日3年目のマルコス・マテオ投手(34)、1年目のディエゴ・モレノ投手(31)も今季限りでの退団が濃厚。
    マテオは昨季、最優秀中継ぎのタイトルを獲得したが、今季は17試合で0勝1敗4ホールド、防御率6・75。7月17日に2度目の登録抹消となった。

    阪神の外国人で残留が決まっているのは、来季から日本人選手扱いとなるランディ・メッセンジャー投手(37)と、守護神で29セーブを挙げているラファエル・ドリス投手(30)だけ。
    途中加入のエフレン・ナバーロ内野手(32)も、現場が求めるスラッガータイプではなく、契約更新は微妙だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00000028-sph-base
    8/28(火) 6:04配信

    ついにロサリオもか
    【阪神が今シーズン終了時に助っ人外国人3人を戦力外へ】の続きを読む



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2018/08/25(土) 11:09:17.60 ID:CAP_USER9.net

    8/24(金) 20:42配信 ベースボールキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00163672-baseballk-base

    (出典 amd.c.yimg.jp)

    ソフトバンク・松田宣浩(C)KYODO NEWS IMAGES

    ■ 今季のパ・リーグ最速

     ソフトバンクは24日、本日ヤフオクドームにて行われている西武戦で今季の公式戦主催試合の観客動員数が200万人を突破したことを発表した。

     公式戦56試合目での達成は、今季のパ・リーグで最速。また、球団としても「ソフトバンクホークス」となった2005年以降では最速。これまでは2015年と2017年の58試合目が最速記録だった。

    ■ ソフトバンク・歴代200万人突破試合

    2005年=65試合目(201万7996人)
    2006年=67試合目(200万7431人)
    2007年=63試合目(201万0665人)
    2008年=64試合目(200万5170人)
    2009年=65試合目(201万4752人)
    2010年=68試合目(202万1699人)
    2011年=64試合目(202万3965人)
    2012年=60試合目(203万0114人)
    2013年=60試合目(201万0729人)
    2014年=59試合目(201万6549人)
    2015年=58試合目(203万0241人)
    2016年=59試合目(203万5642人)
    2017年=58試合目(201万1790人)
    2018年=56試合目(202万5210人)

    ※ 2018年主催公式戦のみの合計数。下記球場での開催(5試合)含む。
    ・鹿児島県立鴨池野球場
    ・東京ドーム(2試合)
    ・北九州市民球場
    ・京セラドーム大阪

    BASEBALL KING

    内川はどうした
    【ソフトバンクが大儲け! 選手たちの年俸にも響きそう】の続きを読む

    このページのトップヘ