常勝ジャイアンツ&野球ニュース

昔から大好きなジャイアンツ(野球全般)を応援したくて開設したブログです。ジャイアンツ情報と気になる野球情報をお届けします。

    タグ:NPB



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2018/08/27(月) 17:49:47.53 ID:CAP_USER9.net

    2018.8.27 14:32
    https://www.sanspo.com/smp/baseball/news/20180827/tig18082714320015-s.html

    (出典 www.sanspo.com)


     阪神電鉄は今オフ、運営する阪神甲子園球場のメーンビジョンをリニューアルすることを27日、発表した。2011年以来のリニューアルで、これまで左右に分割されたメーンビジョンを1面化。通常の1・6倍の画面サイズに拡張し、これまで以上の高解像度・高コントラストの映像で迫力、魅力あふれる演出を提供する。

     工事期間は今年11月下旬から来年2月下旬予定。

    臨場感ハンパない
    【甲子園球場が生まれ変わる! 従来の1.6倍の…】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/08/26(日) 13:27:19.97 ID:CAP_USER9.net

    ◆ソフトバンク-西武(26日・ヤフオクドーム)

    ソフトバンクの球団創設80周年企画「レジェンドデー」第4回のゲストとして招かれた斉藤和巳氏(40)=西日本スポーツ評論家=、フリオ・ズレータ氏(43)が、試合前のセレモニアルピッチで対決した。

    ズレータ氏は2003年途中から06年までホークスに在籍。
    その後にロッテへ移籍し08年限りで退団、福岡を訪れるのはそれ以来という。
    ワインドアップから三塁側を見て静止するおなじみのモーションから内角へ投げ込んできた斉藤氏に、投ゴロに打ち取られた。

    「カズミがいい球を投げてくれたのでしっかり打てた」と笑顔。所属当時の応援歌に「鳥肌が立った。忘れられない」と感激した。
    斉藤氏は「もしかしたら、フリオも打ってくるかと。ピッチャーの本能がインサイドの厳しいところにいかせてくれた」と並んで笑い合った。

    直前には球場隣接のホテルでトークショーに出演。ズレータ氏は、横浜から来たというファンから日本球界復帰の可能性を問われ
    「体型を見ても分かるように、何かあればいつでも復帰する準備はできている」と返答。
    現在は米フロリダ州で不動産業を営みながらも体は絞れており、やぶさかではない様子だ。

    ここに斉藤氏が即ツッコミ。楽屋で、ズレータ氏からフロリダの自宅の映像を見せてもらったと言い
    「どデカい家で、たぶん、日本で何かをする必要のないぐらいの生活をしていると思う」と証言した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180826-00010015-nishispo-base
    8/26(日) 13:19配信

    http://npb.jp/bis/players/13515117.html
    成績


    (出典 www.nikkansports.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 blogimg.goo.ne.jp)



    (出典 Youtube)

    ズレータの日本シリーズで魅せたサヨナラヒット!! ダイエー ホークス


    (出典 Youtube)

    フリオ・ズレータ 絶対にアリカメナイ


    (出典 Youtube)

    ズレータ vs 金村曉 乱闘

    福岡ソフトバンクホークス フリオ・ズレータ応援歌 2006

    (出典 Youtube)



    (出典 Youtube)

    斉藤和巳 号泣 2006プレーオフ ノーカット版

    しっかり対応してほしい
    【NPBはそんなに甘いのか 元ホークスの助っ人がいつでも戻ってこれる?】の続きを読む



    1 豆がーる ★ :2018/08/25(土) 16:23:35.22 ID:CAP_USER9.net

     愛知県警津島署は24日、ドラッグストアの男性店長(26)を殴ったとして、傷害の疑いで、同県東郷町、病院職員佐藤正尭容疑者(22)を逮捕した。関係者によると、佐藤容疑者はプロ野球日本ハムの元選手で、2015年に1シーズン在籍して退団した。

     逮捕容疑は15日午後9時半ごろ、同県あま市のドラッグストア駐車場で、店長から無断駐車を注意されたことに憤慨し、顔を数回殴って2週間のけがを負わせた疑い。

     閉店後に店長が無断駐車の車の写真を撮っていた際、車から佐藤容疑者が出てきて「なに写真を撮っているんだ」と言って殴ったという。
    https://www.sanspo.com/geino/news/20180824/tro18082421200007-n1.html
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E8%97%A4%E6%AD%A3%E5%B0%AD
    ★1)2018/08/24(金) 22:55:44.84
    前スレhttp://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1535118944/

    殴っちゃったのか
    【元日本ハム選手が傷害の疑いで逮捕 その元選手とは?】の続きを読む



    1 shake it off ★ :2018/08/21(火) 18:46:59.20 ID:CAP_USER9.net

    阪神は21日、19日に行われたヤクルト戦(神宮)の三回に岩田が危険球退場となった場面について、死球か否かでリクエスト権を行使できなかったことに対する意見書をNPBに提出した。

     危険球退場の判断については審判団の裁量に委ねられているが、死球の判定については「リクエストができないことにはなっていない」と谷本本部長。退場が宣告された直後、金本監督が土山球審に歩み寄ってリクエストが可能かを確認して拒否されただけに、検証を求めた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180821-00000100-dal-base

    揉めないでくれよ
    【阪神がNPBに意見書提出 リクエスト行使できずイライラ】の続きを読む



    1 しじみ ★ :2018/08/20(月) 18:46:06.65 ID:CAP_USER9.net

     8月15日、リーグ3連覇を狙う広島がついに優勝マジック「32」を初点灯させた。その後、一度消滅したが、すぐに再点灯させ、19日終了時点で「28」としている。


     開幕4連勝スタートを決めた後、4月7日から4連敗を喫したが、2度の5連勝で首位に立ち、3月、4月を17勝10敗の好スタート。その後、5月を11勝9敗1分、6月も12勝11敗と交流戦で苦戦したが、リーグ戦再開と同時に6連勝を飾って再び勢いに乗ると、7月を12勝5敗と突っ走り、2位チームとの直接対決にことごとく勝利して“出る杭を打って”首位を快走。8月もここまで10勝6敗1分けと白星を先行させるなど、王者の貫禄を見せ付けている。


     現時点で最短優勝は9月7日。まだもう少し先に話にはなるが、2位に11ゲーム差を付けている現状とチームの安定感のある戦いぶりを考えると、逆転されてのV逸は考えにくい。球団史上初、セ・リーグでは巨人しか成し遂げていないリーグ3連覇を「当確」させた中で、今後の興味は歓喜のXデーが「いつ?」、そして「どこで?」という部分に移っていくことになる。

    ■過去2年の優勝決定日を見ると

     広島が8月中の優勝マジックを点灯させたのは3年連続のこと。過去2年を振り返ってみると、25年ぶりのリーグ優勝を果たした2016年は、8月24日に優勝マジック「20」が初点灯。8月31日に「10」としてカウントダウンに突入すると、そこから8試合で7勝1敗と立ち止まることなく、黒田博樹が先発登板した9月10日の東京ドームでの巨人戦で歓喜の胴上げとなった。


     連覇を成し遂げた17年は、8月8日に球団史上最速で優勝マジック「33」が初点灯。翌9日に消滅したが、同15日に「27」で再点灯させると、同26日には「20」とし、9月1日から破竹の9連勝を飾って一気にマジックを減らすと、同13日に「2」、翌14日には「1」とした。この時点で本拠地胴上げに「2試合」のチャンスを残していたが、16日のヤクルト戦に敗れると、翌17日は台風接近で無念の試合中止。そして18日、残り「10」のカウントダウンから9試合目の阪神戦、場所を甲子園に移しての胴上げとなった。


     ともに胴上げ投手は中崎翔太。9・10東京ドーム、9・18甲子園と来ただけに、今年は是非とも本拠地・マツダスタジアムでの胴上げを実現させたいところだ。

    続きはソースで


    (出典 iwiz-spo.c.yimg.jp)


    スポーツナビ
    https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201808200004-spnavi

    もう時間の問題だな
    【カープがリーグ3連覇だった場合、胴上げされる可能性が一番高い球場は?】の続きを読む

    このページのトップヘ